<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

潔癖クンの殺人ファイル3 事件はワイドショーから始まった

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 坂上忍、温水洋一、中山忍 他

【放送】 2017年(BSフジ)

 

ホームレスが警察に血塗れのナイフの入ったバッグを届けたその日、芸能プロダクションの社長の刺殺遺体が井戸の中から発見される。前代未聞の潔癖過ぎる刑事と情けない相棒刑事の珍コンビが事件の謎に挑む。『潔癖クンの殺人ファイル』シリーズ第三弾!このドラマは前二作に続いて午後の名作ドラマ劇場枠での放送となった。『名作ドラマ』となっているがこのドラマは初見である。

 

生活安全課の相田亮平は机を消毒しながら憂鬱な日々を過ごしていた。ある日、毎回亮平を指名する志願兵(一夜の宿のために小さな罪を犯して出頭してくるホームレスの異名)がバッグを届けにやってくる。中には血塗れのナイフが入っていた。丁度その頃、やり手の芸能プロダクションの社長の刺殺遺体が古井戸の中から発見されていた。芸能関係者の事件だけに上司は早速元子役出身の亮平を捜査に加えると命じる。捜査会議では事件の進展は大して無かったが、会議中に呑気にワイドショーを見ていた亮平は警察も掴めなかった情報を芸能レポーターのサキが得意げに報道している場面を見てしまう。焦る刑事達を尻目に亮平だけはサキが何処から情報を入手したのかその出所に興味を示す。

 

速水刑事の別れた妻は渡辺直美似。

 

ゲスト出演の渡辺直美が豪快にビーフシチューを食べる姿を見て、速水刑事が涙ながらに語る知られざる事実。どうやら速水刑事は妻に逃げられたようだが、捜査一課の神林刑事までもが同じ状況に陥ったようで・・・。忙しいが故の悲劇についつい笑ってしまうのは何故だろう。

 

今回も亮平が持ち前の鋭い洞察力を活かして事件を解決していくのだが、とにかく細かい所に気付くというのが特徴である。それは潔癖症であるが所以でもある。普段から小さな埃すら許せない綺麗好きのため、普通の人は気付かない点に気付いてしまうのだろう。勿論、大仕掛けなトリックがあるわけではないが、十分ミステリーとして成り立った内容である。また今回も速水刑事との絡みがコミカルで楽しい。マイペースな亮平とのコンビも大分慣れてきたようで、ぶつくさ不平を言いながらも亮平を持ち上げてついていく。本当にいいコンビになってきた。

 

このドラマに限らず、今後二時間ドラマはBS放送のみとされる風潮になっていくのかも知れない。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

恋がヘタでも生きています

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 高梨臨、田中圭、寺脇康文 他

【放送】 2017年(日テレ)

 

恋よりも仕事のキャリアウーマン、仕事も恋も全て手に入れる自信家の経営のプロ、恋愛一途だけどセックスは下手な家庭的女子、セックスさえ良ければ気持ちはいらないプログラマー。恋愛下手な男女四人が繰り広げる大人のラブストーリー。

 

スマホゲーム会社『バスキア』でゲームプロデューサーとして活躍する茅ヶ崎美沙は妥協を許さぬ厳しさで社員達から恐れられていたが、実力は誰もが認める敏腕プロデューサーだった。ある日、日下部社長に呼び出された美沙は日下部が引退を決意していると打ち明けられる。てっきり自分が次期社長になれると美沙はすっかり有頂天になっていた。一方、美沙のルームメイトである榎田千尋は四年間の交際期間を経て、ようやく恋人の時藤からプロポーズされこちらも舞い上がっていた。しかし日下部が次期社長として紹介したのは美沙ではなく、ニューヨーク帰りの会社経営の立て直しを手掛ける経営のプロ・雄島佳介。彼は朝の公園で美沙に言い寄り、キスまでしてきた相手。全て仕組まれていたと早合点した美沙はショックを受ける。千尋もまた同僚と時藤の浮気が発覚し、ショックを受けていた。それでも時藤を諦め切れない千尋に対して、美沙は男への激しい対抗心を燃やす。

 

恋愛の価値観の違う者同士の恋愛を仕事にプライベートに絡めて綴った大人のラブストーリーで、それぞれが大人であるが故にこれまでの経験から築き上げた価値観で突き進んでしまっている。まさかそれが新しい恋愛の障害になっているとも気付かずに。中心となるのは四人ではあるのだが、更にそれに加えてやはり恋愛に対して一途だったり、ちょっとやさぐれていたりとライバルや障壁が混じってストーリーを混乱させていく。そんな感じで進んでいくストーリーなのだが、最終的に感じたのは好きな相手との恋愛を成就させたければ、つまらない価値観なんてぶち壊して、ただひたすら好きという感情のまま走り抜けろ!という事だろう。

 

四人のメインキャストの中では千尋が一番好感を持った。最初は恋愛や結婚に夢見がちなお嬢様で、かなりやぼったい印象を受けたのだが、ストーリーが進む内に彼女の推進力の強さに惚れ惚れした。彼女の場合、恋愛が全てで打ち込める仕事を持たないので他の面々とは状況が違うとは言え、一途な想いから婚約者と別れ、その人と付き合うためにセフレになる宣言までしてしまうのだから。しかもこれは少し笑ってしまったがセフレの心得をネットで調べてそれを忠実に実行したりして、傍から見れば馬鹿げた行動もそこまで一人の人に惚れ抜いた彼女を羨ましくも思ってしまう。

 

スマホアプリゲーム業界の話を背景にしている事もあり、割合楽しめるドラマだった。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

小さな巨人

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 長谷川博己、香川照之、岡田将生 他

【放送】 2017年(TBS)

 

敵は味方のふりをする。

 

警視庁ノンキャリ最高峰である捜査一課長を目指していたエリート刑事が所轄への異動を命じられる。警察組織の中で所轄の一員として警察官の正義を貫こうとする一人の警察官の姿を描いた警察エンターテイメントドラマ。

 

警視庁捜査第一課係長の香坂真一郎は前捜査一課長で現芝署の署長を務める三笠洋平から呼び出され、料亭で秘密裏に接待を受けていた。ところが突然その席に捜査一課長の小野田義信が乱入する。情報をリークしたのは小野田の運転手を務める山田春彦。山田も香坂同様将来を嘱望される警察官の一人で、小野田に対しての忠実さ故の行動だった。帰宅しようとした香坂はふと女連れの中田隆一を見かける。中田はゴーンバンク社の社長の子息で、飛び降り自殺を図った風見京子の元恋人だと芝署の刑事から情報を入手している。取り敢えず中田に飲酒運転の疑いで声を掛けたのだが、自らも飲酒していた事が命取りとなり、香坂は警視庁から芝署へ異動となってしまう。香坂の異動の決め手となったのは香坂の飲酒を裏付ける小野田の一言だった。芝署勤務の前日、挨拶のためにたまたま芝署を訪れた香坂は、芝署でゴーンバンク社社長の中田和正の誘拐事件の捜査会議が開かれている事を知る。

 

これはドラマと言うよりもはや顔芸である。香川照之が初回からアクの強さが全開で、それに負けじと主役の長谷川博己が正面からぶつかっていく。この時間枠ではかつて『半沢直樹』が放送されていた時間枠。それに続けとばかりに男臭い戦いのドラマを用意したわけだが、油ギッシュな顔のドアップオンパレードに腹から声を張った掛け合いはもはやドラマであってドラマじゃなくなっている。ただの喧嘩を見せられているかのような錯覚さえ覚えた。

 

私の目を見て答えろ!

 

最後の方はこの台詞が登場する度にあほらしさのあまり頭痛がしてくる有様。

 

しかしこれはあくまで警察内部の闇を切り開こうとした一人の警察官と彼に賛同する仲間達の活躍を描いたドラマである。ところが行く先々でその行いが上層部の手によって邪魔されてしまう。この繰り返しの多さに閉口する場面もしばしば。『半沢直樹』を例に挙げれば敵は一人ではなかった。そのため小物を倒しつつボス格を目指して躍進する過程の楽しさがあったのだが、このドラマの場合は敵は当初からただ一人。はっきりとした罪状が判るのは最終回まで引っ張られるものの、最初から胡散臭く手を焼く敵は目の前にいるのである。その敵がイチイチ主人公の前に立ちはだかり、折角の骨折りも全て無駄にされてしまうのだ。それが異常なストレスとなり、何かをクリアできても爽快感が得られない。そこがこのドラマの大きな欠点と言える。

 

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

あなたのことはそれほど

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 波瑠、東出昌大、鈴木伸之 他

【放送】 2017年(TBS)

 

大人になっても恋に恋する女性が結婚したのは料理好きな優しい男性だった。初恋の相手の事はもう忘れたはずだった。しかし唐突に訪れた初恋の人との再会が彼等を取り巻く人々を狂わせていく。いくえみ綾のコミック『あなたのことはそれほど』の実写ドラマ化。

 

ホテルの結婚式直前に恋人に手を引かれて逃走する花嫁を見かけた三好美都はドレスの裾が絡まって立ち往生している花嫁を助けてやる。運命の恋を信じている美都は逃走する二人をロマンティックに捉えていた。そんな美都が未だに忘れられないのが中学生の時に好きだった同級生の有島光軌。結婚もせず男を自宅に引っ張り込む母親との関係に悩んでいた美都には光軌の存在が心の支えとなっていたが、光軌に体の関係を求められて拒んでしまって以来疎遠となり、光軌が引っ越して二人の仲は自然消滅した形になっていた。ある日、美都が勤務する武蔵野眼科に渡辺涼太が診察に来る。自転車に突き飛ばされた涼太を美都が助けた事から交際が始まり、料理が得意で心優しい涼太に美都は好意を持つようになる。しかし初恋の時のようにときめく事は無く迷いながらも結婚する。ところがいざ結婚すると涼太の激しい束縛に苦しむようになる。実は涼太は美都が寝言で光軌の名前を口にしたのを知って美都に執着し始めたのだ。飲み会の間も送られてくる涼太からの大量のメッセージ。気分が乗らない美都は飲み会を途中で抜け、ファーストフードへ立ち寄っる。そこには驚いた事に光軌がいた。

 

初恋の人との不倫を美しく描くか、罪深く描くかの差はあれど、かつての同局のドラマ『ずっとあなたが好きだった』を意識せざるを得ないストーリーである。勿論、原作もあるし別物であるのは違いないのだが、夫の異常愛、妻の不倫と似通った内容が多いのは否めない。ただこのドラマの場合、登場人物の行動が逐一反感を買うような方向に流れていく完全な炎上商法である。例えばヒロインの美都は自分の不倫を運命と捉えて全く悪気を感じていない。美都の不倫相手の光軌にしてもそう。不倫だろうが何だろうが遊びたければ遊んでしまう性質。涼太はもうそのものズバリの粘着質だし、その他の面々も何かしら普通ではない危うさを持った人物ばかりが登場する。常識的に見える美都の友達さえもである。こんな面々で進んでいくストーリーだけにただでは終わらないだろうと期待感が膨らみ、それがこのドラマの吸引力になっている。

 

このドラマの特徴の一つにこの人はこういう人間と断言する台詞が多い。例えば光軌の妻・麗華は『優等生』と第三者からやたらと言われ、自分でも自分を優等生と思っている。美都に関しても涼太の同僚・小田原が『強欲な女』と何度も指摘する。但しドラマを見ているとそう何度も連呼する事でそういう性格の人間だとアピールしているものの、実際に当人の言動を見ているとずれているとか外しているとか感じる方が多く、台詞として印象付けてその枠組みに抑え込もうとしているように見えるのである。いや、もしかするとここに登場する人々全員の感性が一般的でないから故意にぶれさせているのかも知れない。計算的にそうしているのなら、むしろ見事と言える。

 

しり上がりに話題を呼んだこのドラマ。不倫を運命の恋と置き換えて悪気を感じないヒロインに異常な粘着ぶりを見せる夫の組み合わせがどうなる事かと思われたが、最終回では程よくハッピーにまとめている。その反面拍子抜けした感じがなきにしもあらず。涼太が美都は未だに恋を知らないと指摘する場面に異様なまでの違和感を覚えたのは気のせいだろうか?恋愛を知らなかったのは涼太自身であり、本人は最後までそれに全く気付いていなかった。涼太が恋愛感情と思っていたのは人への執着。そして最後のオチへとつながるわけだが、このオチもやはり『ずっとあなたが好きだった』と同じオチ。もう二十五年も前のドラマなので知らない人の方が多いと思ったのだろうか?

 

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

きみはペット

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 入山法子、志尊淳、竹財輝之助 他

【放送】 2017年(フジ)

 

キャリアウーマンのOLが拾って来たのは美少年だった。彼女は彼をペットとして飼い同居生活を送る事に!小川彌生のコミック『きみはペット』の実写化ドラマ。地上派の放送前にネット配信が先行して行われている。また2003年には小雪&松本潤主演でドラマ化された。

 

巷新聞社に勤める巌谷澄麗は東大&ハーバード大学卒の才色兼備の女性。現在付き合っている恋人・吉田浩一は見るからに冴えない男性だが、今夜辺りプロポーズされると澄麗は内心心待ちにしていた。ところが浩一との会話の流れはどうやら破局の模様。プライドの高い澄麗は思わず自分から別れを切り出してしまう。しかも事もあろうに浩一は二股をかけていた事が発覚。既に妊娠中で浩一はその女性と結婚するつもりらしい。傷心の澄麗は会社の飲み会でセクハラしてきた部長をつい殴ってしまい、生活情報部への異動になってしまう。失恋に左遷のWパンチで落ち込んだ澄麗はかつて飼っていた犬のモモを思い出し、今朝マンション前に捨てられていた仔犬を引き取ろうと思い立つ。ところが段ボールから出てきたのは怪我をした美少年だった。

 

子供向けのおこちゃまの恋愛でも無ければ、大人向けのドロドロした恋愛でも無い。それでいて非常にピュアなラブストーリーである。素直に良いなぁと憧れてしまう。ある意味王道のラブストーリーである。

 

主役の澄麗は頭脳明晰で美人でおまけに仕事も出来てしまう女性。傍から見れば人が羨む要素を沢山持っているのに、何故か本人は自分に全く自信がなく寂しがり屋で泣き虫。ドラマではそんな彼女が大学時代からずっと想い続けてきたカッコイイ先輩と、可愛くて甘えん坊の年下の美少年との間で揺れ動く心を中心に描いている。考えてみれば非常に羨ましいシチュエーションで、おまけにどっちに転んでも相手は自分をこれ以上ないくらい愛してくれているときてる。ところが澄麗は先輩の前ではみっともない自分を知られたくないと思うあまり本音を全く言えないまま。どんなに好きで思われていても、本音が言えない恋人同士はいつか破綻してしまう。ところが澄麗には本当の自分をありのまま受け止めてくれるペット(美少年)がいる。だから破綻せずにずるずるとそのまま先輩との関係を続けてしまう。澄麗が最後にはどちらを選ぶかがこのドラマの見所となっている。

 

シチュエーションはともかくとして、ヒロインの澄麗は凄く可愛らしい女性に見えた。一人の人間でも自分の中には必ず弱い自分も強い自分も混在している。それを誰もが上手く使い分けて生きているのだ。彼女ほど不器用で拗らせなくても共感出来る部分がきっとある。だからこそハマってしまうのである。

 

このドラマでは『雨』が一つのキーになっているのだが、雨を降らせるのではなく水玉が下から上へあがっていく演出が用いられている。丁度ロマンティックな場面で使用されるとその場が優しく包み込まれるように見えて素敵だった。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ


カウンター

ブログパーツUL5

にほんブログ村

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

  • おばさんデカ桜乙女の事件帖ファイナル
    梔子
  • おばさんデカ桜乙女の事件帖ファイナル
    うつ
  • 紫陽花は死の香り
    梔子
  • 紫陽花は死の香り
    中原明
  • 火の粉
    梔子
  • 火の粉
    銀色金魚
  • 銀座高級クラブママ VS 熱海老舗旅館女将
    梔子
  • 銀座高級クラブママ VS 熱海老舗旅館女将
    前科者
  • 新・愛の嵐(第三部後編あらすじ)
    梔子
  • 新・愛の嵐(第三部後編あらすじ)
    ゆりっぺ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM