<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

正義のセ

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 吉高由里子、三浦翔平、大野拓朗 他

【放送】 2018年(日テレ)

 

新米女性検事が不器用ながらも仕事に恋に頑張る姿を描いた成長物語。原作は阿川佐和子著の『正義のセ』。

 

竹村凛々子は恋人・中牟田優希と三カ月ぶりのデートをする事になりウキウキしながら待ち合わせ場所へ向かっていた。ところがその途中でひったくりに遭い、バッグを盗まれてしまう。交番で被害届を出した凛々子があまりに犯罪に詳しいので、応対していた警官が職業を尋ねると、何と凛々子はこの春横浜地方検察庁港南支部に配属された検事だったのだ。翌日、心機一転検事官室に顔を出した凛々子は机の上に盗まれたバッグが置かれているのに気付いてびっくり。昨日の警官が届けてくれたと教えてくれたのは担当事務官の相原勉だった。挨拶そっちのけでスマホを弄り、その上「結構年上なんだ」と失礼な発言をする凛々子に相原は頭が痛かった。実は凛々子はまだ二年目の新米検事なので、ベテランの相原が教育係としてつけられたのだ。早速、仕事が割り振られ、凛々子は資料を必死に頭に入れて被疑者の取り調べを行う。最初の被疑者は強面の恐喝罪の男。女性蔑視の発言に切れてあわや被疑者を怒鳴りつけるところだった。次の被疑者は窃盗犯のおばさん。おばさんのお涙頂戴の話に一緒になって泣いてしまう。その次は偽ブランド詐欺の男。バッグが似合うとおだてられポーズを取る一幕も。相原の顔は険しくなるばかり。

 

新米検事役の吉高由里子の可愛らしさにまずやられる。あの独特な台詞回しに、一生懸命だけど何処か駄目な女子という雰囲気が非常に生きている。彼女の前ではどんなベテラン俳優陣も翳んでしまう。

 

検事が活躍するドラマなので毎回何らかの事件が発生するのだが、一人の平凡な女の子が検事の仕事を拙いながらも頑張っている姿についつい応援したくなってしまう。人は最初から完璧なわけではない。慣れない仕事を前にしたら少しずつ努力して一人前になろうとする。その道のりは果てしなく長くても頑張る事を辞めないそんなヒロインにはやはり好感が持てる。そして彼女の頑張る姿に仲間達も次第に引き込まれていく。実際とはおそらくかけ離れてはいるだろうが、ああいう暖かい職場というのも魅力的である。

 

また凛々子付きの事務官・相原との相性も良かった。最初は駄目駄目な新米検事ぶりに呆れ果てていた相原だったが、次第に凛々子の一生懸命さに影響され、いつしか凛々子のペースに自らを合わせるようになる。しかし見方を変えるとベテラン事務官である相原が人間として成長させられているのでは無いかとも思えてくるから不思議である。

 

さて事件自体はさほど難事件とは言えないものばかり扱っていて、そこに事件の鍵を握る何らかの証拠を凛々子と相原、そして二人の手に負えなければ同僚達が手を差し伸べるという流れ。しかしだからこそ共感が得られやすく、検事ドラマなのに何処かホームドラマのような暖かさがある。検事だからと妙に厳格にしたりしない所が魅力的なドラマだった。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

モンテ・クリスト伯 −華麗なる復讐−

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 ディーン・フジオカ、山本美月、新井浩文 他

【放送】 2018年(フジ)

 

愛も将来も自由も仕事も自尊心も何もかもを奪われた男が復讐のために蘇って来る。復讐の鬼となった一人の男の復讐劇。アレクサンドル・デュマの名作『モンテ・クリスト伯』(和名『巌窟王』)の実写ドラマ化。

 

漁港のある浜浦町に住む柴門暖は喫茶店を経営する目黒すみれと婚約し、結婚式を控えていた。そんなある日、暖の乗った船『海進丸』が消息を絶つ。地元の人々が暖の安否を気遣う一方で、守尾漁業では捜索の打ち切りを唱える者もいた。実は『海進丸』の船長であるハラジにテロリスト集団の一員である疑いがかけられていたのだ。死者を出しながらも海進丸は何とか帰港。暖は体の不自由な母親と抱き合い生還出来た喜びに浸るのだった。後日、航海日誌から、ハラジの死後暖が船長を務め、星の位置から方向を見極めて帰港した事が判明する。守尾漁業の守尾社長は暖の機転に甚く感心し、次の海進丸の船長を暖に決める。順番から言えば先輩社員の神楽清が船長になるはずだったが、守尾社長の決断に従うしか無く神楽は船を下りて事務職に回る事に決める。心の中では暖への嫉妬が渦巻いていた。また暖の友人の南条幸男も暖に嫉妬する一人だった。売れない役者の幸男はすみれを愛していたが、暖とすみれが相思相愛になってしまい二人を応援するふりを続けている。借金を抱えて粗暴な取り立てに遭い、人生の底辺を彷徨っていた寺角類は一躍町の英雄となった暖を妬んでいた。ハラジから死ぬ間際に託された手紙を渋谷に届けようとした暖の前に警視庁の入間が現れる。警察に暖がテロリスト集団の一員だとタレコミがあったのだと言う。

 

本来、罠に嵌められて長い年月決して助かる事の出来ない牢に入れられた主人公が、別人のようになって復讐を遂げる姿を描いたものなのだが、このドラマではそれを敢えて逆手に取り、別人どころか以前と全く変わらぬ姿で現れ、しかもそれを誰一人気付かないという視聴者が唖然とする状況でドラマが進んでいく。まあ、元々有り得ない(元々がかなり古い時代のしかも海外の作品のため、現代日本でそのまま再現するのは無理が生じる)内容を実写ドラマ化するのだから、何でもありと言えばありなのだが、その試みは面白かった。

 

さて海外の古典文学を現代日本で再現となればどうしたって止むを得ずアレンジを加える事になるのは致し方がない所である。しかし一人の男が自分を陥れた相手に復讐するストーリーはなかなか面白いものがあるし、日本産の作品と比べるとスケールの大きさやあけっぴろさを感じる。難点を上げればこの話数にどうしても収めなければならないため、展開が早く主人公の心の闇や葛藤があまり伝わってこない。特に最終回ではそれを強く感じた。一体、主人公は何を成し遂げたかったのか目的がはっきりしないまま、突然の幕引きにもやもや感が否めない。最後に来て大きな不服を残す結果となった。

 

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

ヘッドハンター

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 江口洋介、小池栄子、杉本哲太 他

【放送】 2018年(テレ東)

 

悪魔か?救世主か?凄腕のヘッドハンターが斡旋する転職にまつわる人々の人間模様を描いたビジネスドラマ。新たなドラマ枠『ドラマBiz』の第一作目として放送された。

 

大手電機メーカー『マルヨシ製作所』は広報部出身の社長・横河の代になってから経営赤字が続き、横河は他社と業務提携して社内構造改革を行うと大々的に発表していた。しかし横河の基本方針は徹底的な人件費削減に相違ない。この発表をモニターで開発畑の技術者・谷口達はうんざりした顔で見つめていた。かつて谷口達は音響製品を開発し、マルヨシを盛り立てて来た立役者でもあった。数多くの特許も取得してきたのだが、横河は音響部門を切り捨て、更には特許も全て手放す所存だった。そんな中、谷口はヘッドハンターの黒澤和樹に声を掛けられる。黒澤の話では谷口のような即戦力の技術者を欲しがっている企業があると言うのだが、谷口はなかなか煮え切らない。その要因は職場で築いてきた人間関係、そして家族に影響を及ぼすというものであったが、実際の所、主体性のない谷口は大企業で得られる恩恵を捨ててまで冒険する勇気が無かったのだ。

 

転職によって人の人生は大きく変わるかも知れない。ヘッドハンターは人材を必要とする企業に適応する人材を紹介する、つまり人と企業の橋渡しをする職業である。しかしそれだけでは転職を生業とする業者と何等変わりない。ヘッドハンターの神髄は橋渡しした後に生じるクライアントに利益を与える事にある。そうした先を見越したヘッドハントの出来る事が有能なヘッドハンターだと言えるだろう。

 

このドラマでは黒澤という一人のヘッドハンターの活躍を描いた内容であるが、ヘッドハントの仕事を見せる事よりも、黒澤が何を企んでいるのかをひた隠しにして、それが明かされた時の一発逆転に目を向けたストーリーになっている。ブラックなヘッドハンターのイメージそのままに名前に『黒』がつけば、着ている服も黒づくめ。仲間も黒澤が何を狙っているのか判らないので、勝手な判断で好き勝手動き回った結果、黒澤にまんまと使われていたというパターンなのだが、如何せん地味で面白味に欠ける。ライバル(本人が勝手にそう思っている)赤城響子は何だかんだ言って敵視している割には黒澤に協力的だし、黒澤と競り合う場面も少ない。また同僚の灰谷に至っては何のために黒澤の傍にいるのかが不明。おそらく設定はかなり有能な補佐役なのだと思うが、それが全く画面から伝わってこない。また目星をつけた依頼人の人間ドラマが中心となってストーリーが進むため、主要人物の影が薄くなってしまうのもネックである。

 

これでラストに控えた一発逆転が唸るくらい見事ならばまだ見られたドラマになったと思う。しかし残念ながらそこまでの鮮やかな一発逆転にはなっておらず、全く印象に残らないのだ。また主要人物もこのキャラ他のドラマで似たような役をやってないか?と勘繰ってしまうくらいこのドラマ限定の個性が無かった。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

未解決の女

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 波瑠、鈴木京香、遠藤憲一 他

【放送】 2018年(テレ朝)

 

警視庁捜査一課特命捜査対策室には倉庫番の魔女がいる。倉庫番の魔女こと文章を読み解く特殊能力を持った女刑事と熱血漢溢れる女刑事が未解決事件に挑む刑事ドラマ。原作は麻見和史著の『警視庁文書捜査官』シリーズ。

 

ミステリー界の女王と異名をとる女性ミステリー作家・嶋野泉水が自宅で非業の死を遂げる。当時自宅は完全な密室だった。警察はこの事件の謎を解くことが出来ないまま未解決事件として処理された。

あれから十年の月日が流れた。矢代朋は警視庁捜査一課強行犯係の女刑事。先の事件で大怪我を負った矢代は暫く休暇を強いられていたが、久々に復帰した途端、警視庁捜査一課特命捜査対策室への異動を命じられる。ここは薄暗い地下にある、未解決事件の文書捜査を行う俗に言う窓際部署だった。ここには倉庫番の魔女と呼ばれる文書解読のエキスパート、鳴海理沙がいる。早速、矢代の代わりに強行犯係になった岡部が早速連続変死事件の被害者の女性の遺書を持ち込んでくる。その遺書を見た鳴海はすぐにそこから読み取れる様々な情報を口にする。ところが被害者女性の部屋に嶋野泉水の本があった事から、十年前の事件との関連性が疑われるように。矢代は特命捜査対策室で事件を解決しようとやたら張り切り出す。

 

文字の神様が降りて来た!

 

その合言葉で倉庫番の魔女が事件に繋がる文字から読み解くミステリー物。これは面白い。筆跡には人の癖や性格が出るのは勿論、それ以外にも文章を書く時の言葉や文字の選び方などは千差万別。そこから想像を働かせて犯人像に辿り着いたり、その時の心情を思い描いて何を伝えようとしたのか等々、昨今電子化が騒がれる中、時代と逆行しているように思えるが文章を書いたり読んだり触れる事が多い人間にとっては興味の持てる内容である。

 

原作ありきのドラマであるのだが、大分アレンジが加わっている。そのためドラマはドラマで原作と切り離して楽しむくらいの気持ちが良さそうである。またテレビドラマ化にあたり、登場人物に大分キャラクター性を持たせた感がある。倉庫番の魔女を演じる鈴木京香のきびきびしながらも何処かねっとりと色香の漂う佇まいが見事に役にハマっていた。

 

ところで初回はやはりゲストに話題性を求めて宣伝効果を狙うのは今や常套手段。このドラマもやはりその手を使って来ただが、そのゲストが中山美穂。確かにネームバリューがあるのは認める。しかしちょっと劣化が過ぎてしまい、画面に登場した中山美穂が見るに堪えなかった。

 

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

コンフィデンスマンJP

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 長澤まさみ、東出昌大、小日向文世 他

【放送】 2018年(フジ)

 

相手を信用させて金を奪うコンフィデンスマン(信用詐欺師)の三人組があの手この手で強敵から金を奪い取るエンターテイメントコメディー。

 

ホストクラブ経営の八代久美子がお気に入りのホスト・心人を同伴してやってきたのはカジノ。その店は夜桜の麗という女が場を仕切る店で、毎晩莫大な金が動いている。金に目の無い久美子はカジノで大儲けするために、賭場師の政吉から夜桜の麗の弱みを聞き出し、大勝負に出ていた。しかしそこへ突然警察が踏み込んでくる。麗は日本刀を振り回し、警察相手に大立ち回りを始めるが、銃殺される。それを見た久美子は持ち金の一億円を置いて逃げ出していった。しかしこれは全部お芝居。久美子に恨みを持つ男の復讐だったのだ。男が見込んで雇ったダー子(夜桜の麗)、ボクチャン(心人)、リチャード(政吉)の三人は実はコンフィデンスマン(信用詐欺師)とも知らずに。まんまと二億円をせしめた三人だが、次のターゲット公益財団「あかぼし」会長・赤星栄介には苦戦していた。赤星にリチャードの正体がバレ、リチャードは大怪我を負ってしまう。このままでは終われないダー子は、ボクチャンと共に更なる作戦に出る。航空会社の客室乗務員を装って赤星に近付いたダー子は社長のドラ息子がカジノで借金を抱えて首が回らなくなっていると嘘の情報を口走る。勿論、これは大嘘。しかし赤星をまんまと話に乗せる事に成功する。

 

コメディーなので面白いと言えば面白いのだが、何とも言えず小物臭のぷんぷんするドラマである。笑えると言ってもせいぜいクスっと笑う程度で、あっと言わせる(はずの)ラストはだだ滑り。おまけに時間の概念その他かなりの適当。面白ければ何でも許されるを目標に制作しているのが手に取るように判るのだが、正直そこまで面白いわけではない。何故にこのドラマを映画化するのかと首を傾げるばかりである。

 

尚、コンフィデンスマンの三人が鮮やかに騙しのテクニックを・・・と期待しているとかなりの期待外れに終わる。詐欺師のテクニックよりも重要視しているのはコミカルなやり取り。しかもこの主要な三人のメンツがどうも大物感に欠いているため、気合いを入れて見たいと思うような魅力は無い。ただただ残念な出来のドラマである。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ


カウンター

ブログパーツUL5

にほんブログ村

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM