<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Doctor-X〜外科医・大門未知子〜

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 米倉涼子、草刈正雄、陣内孝則 他

【放送】 2017年(テレ朝)

 

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門家のライセンスと叩き上げのスキルだけが武器のフリーランスの女医・大門未知子の活躍を描いた医療ドラマ『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』のシリーズ第五弾!

 

気ままな一人旅を楽しんでいたフリーランスの外科医・大門未知子が隣の席に座り込んだ乗客を何とかあしらっていると、突然バスが蛇行運転を始める。見れば運転手が完全に意識を失っていた。慌てて未知子がバスを停止させて、運転手の容態を確認すると、運転手は心筋梗塞を起こして心肺停止の状態だった。丁度通りがかった赤い車に搬送協力を頼むと、その車を運転してた女性は小型のバンを調達して麓の小さな診療所に患者を運んでくれた。運転手は一刻も早く手術が必要な状態。診療所に勤務していた森本光医師が止めるのも聞かずに未知子は手術を開始し、応急処置を施す。ところがその患者が未知子の許可なく東帝大学病院に搬送されてしまったと知って未知子は憤慨する。その頃、東帝大学病院では初の女性院長・志村まどかがクリーンな改革を行い、全ての膿を出そうと尽力していた。患者を返せと言って乗り込んできた未知子をまどかは東帝大学病院で雇うと言い出す。実は患者を搬送した女性こそがまどかだったのである。患者の手術が出来ると喜ぶ未知子だったが、まどかが執刀医として指名したのはジャクソン医師だった。アメリカから医療ロボットを遠隔操作して行う手術で話題作りをしようとしていたのだ。

 

「私、失敗しないので」

 

この決め台詞と共に華麗な手術の腕を見せる大門未知子に毎度毎度魅せられっぱなしであるが、今回は少々様相が変わってきている。というのも、今回のストーリーでは彼女がただ活躍する様子を描くだけでなく、未知子が新人の医師を育てるという内容に変わっている。これまで群れるのを嫌い孤高の人であった未知子もついに考えを変えたか?と思わせるストーリーで少々これまでとは趣向が違っている印象を受ける。勿論、その点は最後の最後にオチをつけている所が憎い!

 

さて毎回お馴染みの他の医師達のコメディアンかと思われるやり取りもこのドラマの魅力の一つである。副院長が三人、揃いも揃って『たかし』には笑った。まあ、確かに珍しい名前では無いが、これはわざとだろう。元々いるキャラに『たかし』が二人いたので、今回からの出演となる陣内孝則もまた『たかし』として三人の副院長ならぬコメディアン『たかし』トリオを登場させている。また常にニヒルで腹黒なドンとして草刈正雄が登場。しかし登場する場面は常に高級肉を食する場面ばかり。おまけにその容姿を活かして薔薇の花束を抱えた写真集を作成って・・・。これはあくまで草刈正雄だからであって、西田敏行ではこの流れにはならないだろう。

 

今回も安定した内容で、特別目新しさは感じないもののついついこれまでの流れで見てしまうドラマである。この面白さは癖になる面白さである。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

オトナ高校

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 三浦春馬、黒木メイサ、高橋克実 他

【放送】 2017年(テレ朝)

 

第二義務教育法案が制定された事により発足された『オトナ高校』の設立。ここに集められたのは三十歳以上の童貞と処女の皆々様。第一期生に選ばれてしまった容姿端麗のハイスペックな銀行員が卒業を目指して奮闘する学園ドラマ。

 

荒川英人は大和銀行に勤める東大卒のエリート行員。ある日、彼の前に突然内閣府特別政務官の嘉数喜一郎という男が現れ、少子化対策として第二義務教育法案が制定され、公的機関『オトナ高校』が設立されたと言い出す。ここに入学するのは三十歳以上の性経験のない男女。話を聞いた英人は銀行員として国家プロジェクトに参加すると思いきや、何と記念すべき『オトナ高校』の一期生に選ばれたと聞いて驚きを隠せない。実は英人は誰もが憧れる容姿の上にハイスペックでありながら、何と童貞だったのだ。まさかの事態に慌てて童貞を否定する英人だったが、国家は過去三回の匿名(を装った)アンケートに性経験ナシと回答し、その後の調査で英人の身上調査を行い女性との交際歴が無かった事から童貞と判断したのだと言う。慌てふためく英人に嘉数は『入学召喚状』と書かれた赤紙を渡す。

 

決して真面目な内容では無いが、むしろ良くぞここまでぶっちゃけたと感心するドラマである。ドラマ内で『処女』と『童貞』をどれだけ連呼すれば気が済むのかと思うくらいに台詞に対するこの二単語の比率が多い。ある意味恋愛下手な人々を誇張させた恋愛ドラマともいえるのだが、恋愛する事よりもエッチする事の方が目標に掲げられているので恋愛ドラマ特有のエッチに至るまでの過程を楽しむ内容は殆ど入っていない。まあ、年齢が三十歳以上に限定されているため、十代の恋愛のような甘く切ないなんて綺麗ごとを言っている場合で無いのも事実なのだが。ただここまであけっぴろげの内容であればコメディーと言えど嫌悪感を抱く層も多そうである。下ネタに免疫があれば楽しめるコメディーである。

 

さて主役はチェリートこと荒川英人。所謂頭の賢さではエリートと呼ばれる部類に入る人物だが、人間的には非常に問題があり、昔太っていたせいでいじめられた経験を持つ彼は成績こそが人間の価値を図る物差しであり、自分がエリートと呼ばれる部類にいる事で他の人間を常に見下しているという傍から見ればどーしよーも無い勘違い男である。ドラマ中も彼は何度も選ばれた人間的発言で周囲をドン引きさせる場面がある。そういう役を主演の三浦春馬が思いっきりはっちゃけて演じている。ああいう演技もするのかと別の意味で感心した。

 

下ネタ満載のお馬鹿ドラマだけにハマってしまうと怖いドラマである。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

重要参考人探偵

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 玉森裕太、小山慶一郎、新木優子 他

【放送】 2017年(テレ朝)

 

何故か遺体の第一発見者となるモデルが持ち前の推理力を働かせて重要参考人となった自らの罪を晴らすべく事件を解決するミステリードラマ。原作は絹田村子のコミック『重要参考人探偵』。

 

弥木圭は幼い頃から常に目の前に死体に遭遇すると言う特異な運命の持ち主。しかしモデルとなった現在、遺体を前にどれだけ気分を害そうと仕事となれば笑顔を作らなければならない。この日も池から足を生やして死んでいる遺体と遭遇した後、モデル仲間の周防斎とシモン・藤馬と合流し、『ミウラ時計』から発売された腕時計の新ブランドのパンフレットの撮影に勤しんでいた。撮影が終わるとミウラ時計の社員・宇田川周平が時計の使い心地を尋ねて来る。宇田川の時計に対する愛情や熱意が伝わり、圭は感心する。ところが撮影が終わってから現れた小高邦江は商品企画部の部長でありながら時計に対する関心は全くゼロ。専ら圭にご執心で、新作腕時計のレセプションパーティーに圭達三人を招待する。ところがパーティー会場で、社長のスピーチ中にシャンデリアが落ち、小高が下敷きになって死亡してしまう。奇しくもまたもや小高の傍にいた圭が遺体の第一発見者となってしまう。

 

火事場の馬鹿推理と言いつつ時間稼ぎに走る圭が何をやるかが楽しみではあるのだが、基本的にはお手軽なミステリーである。難しいトリックを用いるわけでもなく、圭の友人でミステリーマニアの周防がわざとらしいミスリードをスパイスに何とか探偵ドラマの体を成している。ミステリー好きな人のためのドラマでは無く、明らかにジャニーズタレントを楽しむためのドラマと言えるだろう。

 

探偵役は圭、ミスリード役は周防、情報収集役はシモンと役割がはっきりと分かれている。但し周防に至ってはほぼ使い物にならない。有能なのは有能に見えないシモンだったりする。そして圭は追い詰められないと実力を発揮出来ない探偵で、毎回危なっかしくて仕方が無い。警察はまともそうに見えて、第一発見者の圭を馬鹿の一つ覚えのように重要参考人にするお粗末さ。素人の圭が解決出来る謎を何故に本職の警察が解決出来ないのか非常に疑問である。

 

時間潰しに見るくらいの気持ちで見るのが良さそうなドラマだった。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

ブラックリベンジ

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 木村多江、平山浩行、佐藤二朗 他

【放送】 2017年(日テレ)

 

目には目を。スキャンダルにはスキャンダルを。全てを失った女が夫を自殺に追い込んだ人間のスキャンダルを暴いて復讐する。

 

政治家・寺田圭吾の妻として幸せな日々を過ごしていた沙織はもうすぐ生まれて来る我が子の誕生を心待ちにしていた。ところがある日圭吾のスキャンダルが報じられて以来、彼女の人生は一変する。闇献金疑惑に愛人スキャンダル。全て捏造だったが、圭吾の政治家としての地位は陥落し、追い詰められた圭吾は沙織に自分を陥れた三人の名前を言い残して自殺した。夫の死のショックで我が子まで失った沙織は自らも心を病んで入院生活を送る羽目に。しかしカウンセリングを受けどん底から抜け出した沙織は、夫を陥れた三名に同じ目に遭わせてやると復讐を誓い、夫のスキャンダルを報じた『週刊星流』の敏腕ライターとして働いている。次々スクープを持ってくる沙織に編集長の福島の彼女への信頼は厚い。そんな中、沙織は次期入閣と噂される塚本修二郎に愛人の疑惑があると編集長に持ち掛ける。本当であればこれは大スクープになる。早速沙織はアシスタントをする記者の芦原咲良に塚本の後援会に出席していたドレスの女を二十四時間尾行しろと命じる。

 

最愛の夫を陥れた相手に復讐する沙織が選んだ復讐の手段はスキャンダルを暴く事。同じ目に遭わせて社会的に失墜させる。復讐すべきは夫が言い残した三名。しかしそれには裏があって・・・と復讐の相手が三人だけでなく、意外な人物へと復讐の矛先が変わっていく、この手のドラマには良くありがちな展開である。序盤から怪しい言動をしている人物がいるので、黒幕が誰かも丸判り。意外性はあまり感じない。この復讐の果てに何がどうなるかだけが興味を持てる点だった。

 

復讐に駆り立てられている時とそうでない時。沙織の口紅の色が変わる判りやすい。但し木村多江が割合淡白な薄幸そうな顔をしているため、復讐のための行動の際に塗る真っ赤な口紅が異常な程目立つ。下手をすれば唇だけ浮いているように見える。

 

まあ、それは良いとして、復讐劇だけに後味はあまり良くない。とにかくやり口が卑劣である。そのためヒロインの沙織を応援したくはならないし、だからと言って沙織に復讐される側に寄り添う気にもなれない。胸糞の悪さを感じつつ勝手にやれと言った感じになる。無責任に煽り立てて一人の人間を追い込む。ネットの炎上商法を具現化したような内容だった。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

奥様は、取り扱い注意

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 綾瀬はるか、西島秀俊、広末涼子 他

【放送】 2017年(日テレ)

 

ワケありの主婦が正義の味方に!平穏な生活とご近所の平和を守るために主婦が見事に家庭の問題を解決するストーリー。

 

特殊工作員の島田優子は絶体絶命のピンチに遭遇していた。今回の任務はUSBメモリを盗み男を中国から脱出させる事だったが、任務に失敗し囚われの身となっていたのだ。しかしこの状況を作り出したのはわざとだった。実は憧れていた安定した生活と温かい家庭を手に入れるために任務にわざと失敗し、自殺したと見せかけて別人となって生きようと決意したのだ。優子の目論見は見事に成功し、片岡菜美と名乗り日本の一流企業の受付嬢として第二の人生を歩み始めた。そんな中、同僚達と一緒に参加した合コンで出会った伊佐山勇輝に一目惚れし、三か月後にはめでたく結婚する。しかしあれから半年、念願の安定した生活と温かい家庭をを手に入れたものの、菜美は既に専業主婦生活に飽き始めていた。料理の腕は一向に上達せず、勇輝は食事を外食で済ましてきてしまう有様。隣人に住む主婦、佐藤京子と大原優里に相談したところ、三人でカルチャーセンターの料理教室に通う事に。和気藹々とした料理教室で、菜美は一人の主婦・水上知花が常に脇腹を庇うような仕草をしているのに目を留める。

 

毎回、様々な事件が起こり、それを菜美と友人の主婦二名が放っておけないと解決に乗り出す内容で、どうしても主婦の立場ではそれ以上手が出せなくなると菜美が特殊工作員の時に培ったテクを活かして力づくで解決するというパターンとなっている。当初はその破天荒さやギャップが面白かったし、そんな活躍をする反面、菜美が可愛い奥様になるために努力する健気な姿に目が離せなかった。ところが回を追うごとに起きる事件が度を越えてくる。最初は些細な御近所トラブルだったのが、徐々に事件性を増し、とうとう殺人事件やら恐喝といった生々しさを孕んでくる。情報屋まで登場するし、こうなるともうご近所どうのとは言ってはいられない。制作側からすれば徐々に大事になっていく事でストーリーを盛り上げたかったのかも知れないが、終盤は趣旨が大幅に変わってしまった印象でとても呑気に見ていられるドラマでは無くなってしまった。おまけにラストは突如としてのカット。この後どうなったのかそれはもう視聴者の想像で・・・という事なのかも知れないが、あまりの中途半端感にもやもや感が否めない。後半の展開と良いラストと良い、後味の悪いドラマとなってしまった。

 

前半と後半で内容が大きく変わってくるため、最初から見ていた視聴者が置き去りにされた感じが強かった。当初は綾瀬はるかの持つ柔らかい雰囲気もあって日常的なドラマを期待して見ていた人が多かったように思う。しかし特殊工作員というワケあり設定を後半はふんだんに出してしまい日常感が無くなってしまった。また友人の主婦二人に関しても、最終回に限って言えば主婦の枠を外れて度胸の座った強い女達になってしまい、主婦の雰囲気が失われている。成長したと言えば聞こえは良いのかも知れないが・・・。

 

視聴者を良い意味で裏切るのは制作側にとって確かにドラマ制作の醍醐味だろう。しかし今回はあまり成功したようには思えなかった。特に最終回では男から痛めつけられる広末涼子の場面が直視出来なかった。

 

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ


カウンター

ブログパーツUL5

にほんブログ村

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

  • 沈黙
    梔子
  • 沈黙
    大王
  • 仮面の欲望
    hisa
  • 仮面の欲望
    梔子
  • 仮面の欲望
    hisa
  • おばさんデカ桜乙女の事件帖ファイナル
    梔子
  • おばさんデカ桜乙女の事件帖ファイナル
    うつ
  • 紫陽花は死の香り
    梔子
  • 紫陽花は死の香り
    中原明
  • 火の粉
    梔子

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM