わが町4

  • 2013.01.25 Friday
  • 16:39
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

【出演】 渡辺謙、佐藤B作、大宝智子 他
【放送】 1994年(日テレ)

様々な顔を持つ美女の殺人事件の謎に挑む東京下町の刑事達の活躍を描いた刑事ドラマ『わが町』のシリーズの第四弾!原作はエド・マクベイン著の『被害者の顔』(87分署シリーズ)。オープニングとエンディングでは東京の中心を流れる隅田川の解説がナレーションとして流れる。

西月島署に新米新聞記者が挨拶にやって来る。刑事の森田が対応に困惑していると、顔に傷を負った同僚の黒土が森田に絡んできた。昨夜、黒土は浮気がバレて夫婦喧嘩をした所だという。そんな中、マナベ酒販の倉庫から通報が入り、森田と黒土は現場へ向かった。倉庫内は荒らされ酒瓶の破片が床に散らばっている。アルコールに弱い黒土は思わず顔をしかめたが、床の上に倒れている女の遺体を見た途端愕然とする。その女は黒土の浮気相手の隆子だった。一方、森田は通報者の水木を発見し話を聞こうとするが、水木は盲目で倉庫内で何が起きているのかさえ判っていなかった。

被害者の隆子はこのシリーズの第一話で黒土刑事がうわごとで叫んだ女性。あの伏線がようやくここで日の目を浴びた事になる。その隆子に黒土はとことん惚れているのだが、捜査が進むに従って隆子には様々な顔があると判ってくる。ある時は正義感の強い博打打ちだったり、ある時は盲目の少年を姉のように親身になって面倒を看ていたり、ある時は支払いの代わりに男と簡単に寝るような奔放な面もある。まるで一人の女の体の中に複数の女がいるような感じさえする。付き合っていた黒土でさえそのミステリアスな正体に唖然とする程。

さて今回の見所は森田の浮気を疑った繭が夫婦喧嘩をする場面。繭は聾唖のため言い合いする事が出来ないが、手話でなら会話も出来る。従って夫婦喧嘩も手話混じりなのである。おまけに繭は手が早い。頭に来ると容赦なく夫にアッパーカットを食らわせる。そのやり取りが何ともユーモラスで面白い。

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM