三毛猫ホームズの駈落ち

  • 2013.05.02 Thursday
  • 13:57
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

【出演】 石立鉄男、あべ静江、山本紀彦 他
【放送】 1984年(テレ朝)

気弱で女性恐怖症で高所恐怖症の刑事とフィアンセのコンビが三毛猫が示すヒントを元に事件を解き明かす『三毛猫ホームズ』シリーズ第六弾!今回は相続人連続殺人事件の謎に挑む。原作は赤川次郎著の『三毛猫ホームズの駈落ち』。このドラマがシリーズ最後の作品になる。

警視庁捜査一課の刑事・片山は恋人の雪子とデートで映画『ロミオとジュリエット』を観に来ていた。すると映画館を出た二人の後を男の影が!どうやら男は誰かと二人を勘違いしている模様。ところがその夜、新聞の尋ね人の欄に父親が危篤で義太郎と雪子に呼びかける記事を発見する。片山の父親は既に他界しているし、雪子も父親と電話で話したばかりで心当たりがない。その頃、新聞広告を出した片岡修次郎の元に片山達をつけ回していた男が現れる。実は男は私立探偵で十二年前に駈落ちした義太郎&雪子の行方を追っていた。何と彼等は新潟の旧家の子息と令嬢で、二人合わせて17億円の遺産相続人だった。

新潟の旧家・片岡家の長男の義太郎と同じく山波家の娘・雪子の二人は現代版のロミオとジュリエット。互いにいがみ合う両家に生まれた二人は十七歳と十二歳の若さで駈落ち。しかしロマンティックな話はおとぎ話の中だけ。現実はそんな夢物語がいつまでも続くわけでもなく、莫大な遺産相続人である当の義太郎と雪子は成長と共にそれぞれ伴侶を見つけて幸せな生活を送っている。同年代で同姓同名の恋人達という設定には少々無理があるものの、シビアな現実を突きつけてくるのも赤川次郎なりのユーモアと言える。

流石に六作目ともなると片山と雪子のはちゃめちゃぶりも大分収まってくる。当初は判り易いオーバーリアクションやお約束の災難&ドジぶりが魅力だったが、片山は大分刑事らしい落ち着きを見せている。一方、以前は女子大生だった雪子の方はと言えば愛くるしさは相変わらずだが、隣の部屋に住んで生活の一部を片山家と共有する関係に発展している。片山の大前提である女性恐怖症の性格からは大分逸脱してしまっているが、こういうキャラクター設定でシリーズを進めてしまったので仕方がない所だろう。

笑ったのはホームズを病院へ連れて行く場面。看護婦に咎められて思わず「警察犬」ですと言い訳をするのはあまりに苦しい!こんな細部にもユーモアミステリーらしさが滲み出ているのは嬉しい限り。このドラマで『三毛猫ホームズ』シリーズが終了してしまうのは非常に惜しいが、やはり片山を演じる石立鉄男はこの役を演じるには年を取り過ぎている。シリーズ一作目から四年、丁度良い区切りだったのかも知れない。

それはそうと今になって見返してみると、この一作に導入されているトリックの数々は現在では通用しない物も多いが、それでも現在のミステリー作品の礎になっているのは否めない。奇抜なアイディアが生きる内容はユーモアだけに頼るミステリーではなく本格的なミステリーとしても十分通用する秀逸さを秘めている。そこが現代のライトミステリーとの大きな違いだろう。

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM