Dの複合

  • 2014.03.07 Friday
  • 18:50
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

【出演】 野村宏伸、いしだあゆみ、津川雅彦 他
【放送】 1993年(フジ)

売れない純文学作家に持ち込まれた企画で訪れた取材先は全て東経135度または北緯35度線上にあった。やがてその法則に沿った場所で殺人が行われる。作家夫妻が巻き込まれたミステリーサスペンス。原作は松本清張著の『Dの複合』。

平成五年、雑誌『Move』に地方の伝説を探る旅『浦島・羽衣伝説』という紀行文の連載が掲載される。担当編集員の浜中は早速作家の伊瀬に雑誌を持って行き、取材中に京都の木津温泉で出くわした遺体探し騒動も織り込みサスペンス要素が加わって好評だと告げるが、伊瀬はあまり良い顔をしなかった。実はこの企画は浜中の発案だったが、伊瀬のプライドを傷つけないように表向きは伊瀬の企画にすると話がついていた。ある日、編集部に女性から企画を発案した人物を尋ねる電話がかかってくる。浜中から伊瀬の企画だと聞いて、女性は伊瀬の自宅に直接訪ねていく。伊瀬はふと彼女・坂口みま子が取材中に明石の人丸神社で会った女性と思い出す。第二回の連載で辿ったコースを聞いた途端みま子は驚愕し、「先生はやっぱり御存知だった」と謎めいた言葉を口にする。

探偵役は作家の伊瀬だが、何かと事件に首を突っ込みたがる好奇心旺盛な妻が印象的なドラマである。まるで推理パズルを楽しむように彼女は次々事件の関連性を作って楽しんでいる。しかし事件の核心に迫る推理力は無いので、事件関係者と思われる人物に平気で情報を漏らしてしまう迂闊さもあって、その抜け具合が何とも可愛らしい。好奇心の強さが災いして、つい客の前で下着姿を披露してしまう場面も笑わせてくれる。因みにタイトルとなった『Dの複合』は彼女が夫に書かせようとした推理小説のタイトルから来ている。

やがて事件は解決するが、このドラマはそれが終点では無い。その事件の背景にある事情というのがむしろこのドラマの軸となっており、解決編では探偵役を務めていた伊瀬が完全に蚊帳の外になってしまう。また諸悪の源は何の咎も受けず、一切自分の手は汚さない。灰色なエンディングは松本清張らしいと言えるだろう。

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM