おばさんデカ桜乙女の事件帖

  • 2010.05.16 Sunday
  • 00:27
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
【出演】 市原悦子、蛭子能収、布川敏和 他
【放送】 1994年(フジ)

勤続33年のおばさん刑事が迷惑がる署員達を他所におばさん丸出しの活躍で事件を解決するおばさんデカシリーズの記念すべき第一弾!

勤続33年の婦警桜乙女が突然刑事に昇格する。実はどんなに都内の警察署をたらい回しにされても辞めない乙女を自分から辞めると言わせる為に行った苦肉の策だったのだが、そうとは知らない乙女は大喜び。早速殺人現場に出掛けた乙女は、肝心の死体よりも冷蔵庫やクローゼットの中身等々生活に密着した箇所にばかり興味を示す。会議でもおばさんとしての発想で疑問点を上げるが、同僚には軽く受け流されてしまう。それでもへこたれず自己中心的発想で突き進む桜乙女の姿は見ているだけでコミカルであり、またある意味主婦ならではの鋭い洞察力と厚顔無恥の行動力に感心させられる。もっとも警察のルールに縛られないマイペースの乙女に署員達は辞めさせるどころか振り回されっぱなしではるが・・・。

そんな乙女の唯一の味方は溺愛する夫。子供に恵まれなかった熟年夫婦の二人は未だに仲が良く、お互いを励まし合って生きている。

笑ってしまうのが聞き込みの際の相手の反応。ただのおばさんにしか見えない桜乙女には、事情を聴かれた側もすっかり気を許してしまう。特に相手が主婦の場合は最強である。井戸端会議に参加するような気楽さでいともあっさり情報を聞き出してしまう。

また署内全員で追っている容疑者を何も知らずに単独で尾行してしまう乙女にも笑える。嫌がらせで会議に乙女を参加させない上司の落ち度でもあるのだが、尾行というのもおこがましいほど真後ろを堂々と歩き、喫茶店に入れば隣の席を確保。おまけにタクシーに乗ったと見るや通り掛かった宅配ピザのバイクを借りて強引に追いかけ、その後ろを追っていた仲間の車のフロントガラスにピザをぶつける(故意ではない)という荒業まで見せる。

飄々とした桜乙女の行動はいつも笑いが堪えない。

さて今回の事件はやり手のOL・上山春子の殺害事件。署員は彼女と肉体関係があった部下の宮田を疑うが、乙女が疑ったのは人前で泣き崩れる夫。果たして軍配はどちらに上がるのか? おばさんならではの乙女の推理は見物である。

満足度は★★★★★
にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM