温泉(秘)大作戦3

  • 2014.10.04 Saturday
  • 08:05
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

【出演】 森口瑤子、白竜、朝丘雪路 他
【放送】 2006年(テレ朝)

旅館経営のスペシャリスト集団が旅館の立て直しを図る傍ら事件を解決する温泉旅館立て直しサスペンス。金銭面だけでなく、様々な方面のスペシャリスト達が再建を目指して駆け回るのだが、何故か事件に巻き込まれてしまう何とも皮肉な二時間サスペンス。『温泉(秘)大作戦』シリーズ第三弾!

仕事の依頼を受けて城ノ内オフィスの星野さつき一行は函館空港へ降り立つ。函館はエキゾチックな町として知られる日本有数の観光地。そこから松前の温泉旅館『矢野』に向かう途中、さつきは崖の上で何かを探す男を目撃する。実は男は矢野の支配人の竜崎だった。どうやら矢野の経営不振の裏にはグローバル開発という乗っ取り屋が絡んでいるらしい。さつきは一刻も早い立て直しが必要と判断する。矢野の状況は亡くなったさつきの両親が経営していた旅館の危機的状況に良く似ているだけにさつきの思いも一入だった。そんな中、竜崎を見掛けた崖の下で発見された男の遺体の身元が判明する。遺体は矢野が先代から世話になっていた税理士の谷山で、崖の上で争った形跡が残っていた。またその場に女将のネーム入り万年筆が落ちていた事から、容疑者として女将が連行されてしまう。

両親のように旅館を潰したくない。

そんな強い思いからさつきが暴走してしまう内容となっているのだが、正直言ってしまうとさつきがとった行動は理解不能である。結果的には事件解決に役立っているのだが、何をしたくて暴走しているのかが判り辛い。乗っ取り計画を立てている企業を邪魔してやりたいのか、それとも裏切り者をあぶりだしたいのか、まあとにかく本来の仕事を忘れて行動しているのは確かであり、その事で同僚の島慎之介と仲違いしてしまう羽目になる。今回はチームワークの良さを強調する内容で締め括られているので、おそらく仲違いさせるだけの理由が欲しかったのだろう。

さて殺人事件はと言えば、どうして警察は犯人をすぐに捕まえられなかったのかが不思議なくらいの内容。むしろ事件解決後に判明する松前の旅館を狙う輩等々の背景の話の方が遥かに面白い。それがただ台詞の中だけで完了してしまうのが残念である。

最後に紹介される立て直しのメインとなる新レシピのメインは本マグロ。これを見せられてしまうと是非一度松前へ行ってみたくなってしまう。毎度の事ながら、食べ物の威力の凄さを見せつけられる。

満足度は★★★

玉城千春,金城綾乃,重実徹
ビクターエンタテインメント
(2004-01-21)

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM