指名手配3

  • 2014.10.21 Tuesday
  • 19:31
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

【出演】 渡辺謙、藤真利子、小川範子 他
【放送】 2000年(日テレ)

窃盗事件を起こした母親への憎しみを募らせながらも心の底では母親を恋う少年のために警視庁共助課分室の刑事が奔走する。人間を信じられなくなった刑事と少年の心がシンクロする刑事ドラマ。

警視庁共助課分室勤務の今井は悩んだ末、娘を養女に出す決意をする。一旦任務につけば娘を何日も預けたまま家に帰れないような生活を送る今井が幼い娘を育てるのは到底無理な話だった。既に娘は父親が不在の生活を当たり前と思うようになっており、そんな娘の姿を目の当たりにして自分の不甲斐なさを思い知らされるばかり。そんな中、時効が迫った窃盗事件の犯人・北村直美が静岡県清水市に潜伏していると情報が入る。情報提供者は直美の一人息子・信也だった。信也は直美からの手紙を見せて、祖母が直美を追い出したと主張する。取り敢えず今井は信也を連れて静岡県へと向かう。しかし少年の心は屈折していて、母親を恋うどころか悪態ばかりつき今井を困惑させる。ところが待ち合わせ場所に指定された清水マリンパークに直美が現れると、何故か信也は今井の行く手を遮って直美を逃がしてしまう。

一度は逃がしたものの今井の捜査はそれで終了というわけにはいかない。清水市に居残って捜査する事になった今井は昼間は魚市場のフォークリフト業務に就き、夜は繁華街で聞き込み調査をする生活を送る事になる。ところが信也が家出をして清水に舞い戻ってしまった事から、今井は信也と疑似親子となって捜査する事に!

二人の心を結びつける仲介となるのが元教師の経歴を持つホステス。彼女は今井が清水で借りたアパートの下の階の住人なのだが、彼女のおかげで人間不信に陥っていた二人は人を信じる事が出来るようになり、そして心を通わせ合うようになる。そんなホステスを小川範子が演じているのだが、役柄としては良いものの、何分にも小川範子の体が華奢過ぎてしまうのが難点。体に色気がまるでなく、ホステスなのにホステスらしさに欠けている。

追跡劇そのものよりも本物の親子のような今井と信也の気持ちの変化が見所のドラマである。今井も妻に逃げられ、今また娘を手放そうとしている。家族からの愛情に飢えている点では今井も信也も同じ孤独を抱えている者同士。歩み寄る気持ちがあれば相手の寂しさも孤独も全て判り合える。この二人のやり取りに魅せられてしまうドラマだった。

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM