隣の女〜幽霊屋敷の殺人事件〜

  • 2014.10.20 Monday
  • 18:33
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

【出演】 前田吟、坂上忍、夏木マリ 他
【放送】 2006年(TBS)

二年前の四億円強奪事件を酷似した現金輸送車襲撃事件の犯人一味が閑静な住宅街の一軒家に立て籠った。警察の執念と愛する人を失った女性の心情を描いたサスペンス。出演者はやたらと豪華な顔ぶれが並んでいる。

東京ドームが見渡せる東京小石川の本郷の貸家に一人暮らしの女性が越してくる。一目見るなりスリムで美人の容姿に向かいのマンションの住人の森山は彼女・中島淳子に俄然興味を持つ。しかしこの貸家は以前から住人がひっきりなしに代わる事も知られており、淳子も来月にはいなくなるのではと友人の作家・西村と話をしていた。その夜、淳子の夢を見た作家は純子に対する妄想を『隣の女』というタイトルで小説を書き始める。翌朝、ゴミ集積所にゴミを出しに来た淳子は森山の妻に曜日が違うと注意される。実は親切そうに見えた大家の坂田の妻はとんだ食わせ物。貸家にやって来た住人をいびって楽しむ性根の曲がった女で、その日から何かにつけ淳子に文句をつけてくるようになる。

誰が主役なのか良く判らないままに進むドラマで、最初は引っ越してきた淳子に惚れこんだお気楽な男二人組が主役かと思いきや、途中から主役は淳子なんだか現金輸送車襲撃事件の犯人なのか混沌として、よくよく考えてみれば誰にも焦点が当たっていない行き当たりばったりなドラマである。

序盤から何かと二年前に起きた現金輸送車襲撃事件の事が話題となっているので、それに関わる展開になるのだろうとは容易に推測出来る。色々なミスリードを用意してそちらに目が向くようなストーリーにはなっているものの、殆どそれに惑わされる事無く先が見えてしまうくらい単純な内容であるのが玉に瑕。

二時間サスペンスドラマでは良くサブタイトルに内容を具体的に示す言葉を書き連ねてしまい、中にはドラマ最大の謎まで書いてしまうドラマもある。ところがこのドラマに関しては全くサブタイトルが意味をなしていない。そもそもこんなサブタイトルはいらないと思うのだが、もしかすると晩夏〜初秋の放送だったので、季節柄幽霊を入れてみたのかも知れない。

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM