小泉今日子原作『戦う女』 Chapter4「お幸せに」

  • 2015.04.12 Sunday
  • 13:24
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

【出演】 門脇麦、伊藤歩、竹厚綾 他
【放送】 2014年(フジNEXTライブ・プレミアム)

それを人のせいに出来るほど子供じゃないから女の心は少しトゲトゲする。

小泉今日子のエッセーを元に五話のドラマを作り上げた企画の第四話。原作は小泉今日子著の『戦う女 パンツ編』。

三十代のユカは下着屋でパンツを物色していた。自然と手にするのは男に見せるためのパンツでは無く、四角い機能的なパンツばかり。そこへレースのパンツを返品しに来た友人のユイコが訪れる。ユイコは二人目を妊娠中だと言う。独身のユカとは全く違う人生を歩んでいた。実はユカは過去にユイコの恋人を奪った経験がある。その時にユイコに言われた「一生幸せになれない」という言葉が今でも心に棘のように刺さっていて、上手くいかない事があるとそのせいじゃないかと思うようになっていた。店を去ろうとしたユイコを追いかけたユカはあの言葉を否定して欲しいと頼む。

女も三十代になれば体のラインは若い頃のようには保てず、体調も変化してくる。髭が生えたり、頭が薄くなったり。世間では結婚して子供を産めば勝ち組なんて言うけれど、実際には結婚しようとしまいと幸せを願う気持ちは変わらない。結婚したからと言って誰もが幸せになれるわけじゃない。若い頃に思い描いていたような自分になれなかった事を嘆いて苛々してしまう事もある。

このドラマは女同士の友情を描いている。元々は親友だったユイコとユカ。でも男の事で喧嘩してそれ以来関係はぎくしゃくしてしまっている。もう大人だから心の中ではどう思っていても表面的には上手く付き合おうとしてしまう二人。だけどそれじゃ本当の意味での友達には戻れない。

ラストでユカが選んだパンツのセレクトを見ると、保守的になってしまった三十代の女の気持ちが感じられる。一歩踏み出したい気持ちは持っていても、安全策を敷いていないと一歩踏み出せない。もう若い頃のように冒険は出来ない女性の心理がそこに表れていた。

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM