青春探偵ハルヤ

  • 2016.01.24 Sunday
  • 14:40
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

【出演】 玉森裕太(Kis-My-Ft2)、高島礼子、新川優愛 他
【放送】 2015年(日テレ)
 
頭脳明晰容姿端麗だが年中金欠の大学生が報酬欲しさに仲間達と共に探偵となって社会の様々な問題に立ち向かっていく探偵物語。原作は福田栄一著の『青春探偵ハルヤ』。
 
浅木晴也は工事現場のバイトで生計を立てている貧乏大学生。バイト代を貰っても大家に滞納している家賃を徴収されまともに食事も出来ない有様。ある日、大学へ行くと友人の窪寺和臣が困っている人がいると能見美羽を紹介する。彼女はミス東学(東京学院大学)でストーカー被害に遭っているらしい。心当たりは二人ほど。報酬は何と二十万円。背に腹は代えられず引き受けた晴也は早速情報集めに奔走する。美羽の部屋で見張っていた晴也は怪しい人影を見つけて追いかける。ところが話を聞いてみれば彼が見張っていたのは美羽の隣の部屋だった。

主人公が大学生なので、少年探偵団をちょっとばかり大人にした感じのストーリーで、探偵物としてはいささか物足りない感じが常に付き纏う。まだ大人にはなり切れない年齢なので、大人の探偵よりは行動範囲が狭く、プロとも言い切れないので情報の収集手段も限られてしまうのが難点である。その部分をひたすら静江に恋する残念な仕事仲間の磯部のしょーのないエピソードを入れたり、晴也の親友である和臣の合コンエピソードや、妹の楓花との電話のエピソードを入れてみたりと本編には関係のないエピソードの連発で持たせようとしているものの、カバーしきれるものではなく、結果として本筋が非常に陳腐で薄っぺらな探偵物語になってしまっている。

また一話完結のストーリーながら、水面下で進展する晴也と美羽の恋愛に関してもそこそこいい感じで進んでいくものの、友達以上恋人未満のままで終了。おまけにラストではその事で揉めていたにも関わらず、拍子抜けのオチをつけて問題をどこかに吹き飛ばしてしまう有様。まあ、関係性に決着が出ないのは仕方ないとしても、あのオチは流石にないだろう。意外性があると言えばあるものの、完全に肩透かしを食らった方の意外性であり、正直、あんなオチならいらない。

それはともかくとして喫茶店『アラバマ』のカウンター内に顔を照らすライトがセッティングされているのには笑えるの何のって。道理で高島礼子のアップが明るいと思った。角度を変えて撮影される場面でそのライトが丸見えになってしまう事に笑いが止まらなかった。

満足度は★★★

 
にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM