トンネルに消えた・・・

  • 2016.05.15 Sunday
  • 16:07
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

【出演】 藤田朋子、甲斐智枝美、西岡徳馬 他
【放送】 1990年(フジ)

十勝川付近のトンネルで女性が行方不明になる事件が起きる。事件の取材のためにトンネルに入った女性レポーターまでもが行方不明となり、事件に納得のいかないADが事件を調査し始める。原作は西村京太郎著の『トンネルに消えた・・・』。

テーマパーク『グリムパーク』に勤務する松下美恵子という女性が十勝川近辺の龍門トンネルに入ったのを最後に行方不明になった。JBPテレビのプロデューサー星野はトンネルを調査する特別番組を企画して、ADの戸田と百合を現地調査に派遣する。トンネル内を調べた所、トンネル内に扉があって更にその下の地下道へと続いていたが行き止まりでそこから消えたとは思えない。戸田は密かに美恵子はトンネルの中で車に連れ込まれたのではないかと睨んでいた。翌日、リポーターの浅井由美子らスタッフが揃っていよいよ撮影が開始される。カメラが回され由美子がトンネルの中へと入っていく。トンネルを抜けた先では星野や戸田が由美子の到着を待ってスタンバイしていた。ところが二十分経っても由美子は現れない。星野と戸田は慌ててトンネルの中を探したが由美子の姿はどこにもなかった。

トンネルを利用した人間消失劇のトリックをテレビ局のADが暴いていくストーリー。番組を企画したプロデューサーが視聴率重視でそのためなら何でもやってみせるという人物だった時点で、女性リポーターが消えた一件に何かしら絡んでいると想像がついてしまうので、謎が解明されても驚愕するような話では無いのだが、一時間枠に収めるには丁度良い内容だったと感じる。また視聴率優先のプロデューサーと誠実で人の心を大切にするADの静かな対立も、どちらに軍配が上がるのか見物だった。

トンネルは異次元へ通じる扉。

そう言いながらトンネルの中へと疾走するミステリアスなラストが最高。結局、どこにも行けずにただ通り過ぎるだけなのだろうけど、トンネルから抜けた先が眩くホワイトアウトしていく事で主演の二人の希望に満ちた未来を暗示しているかのようだった。何も言わない演出がなかなか憎い!

満足度は★★★★
 
にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM