白いクーペの女

  • 2016.11.21 Monday
  • 17:40

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 黒木瞳、小野みゆき、織本順吉 他

【放送】 1988年(テレ東)

 

女性関係に派手な歌手が殺害される。彼を追い回していた元恋人に容疑がかかるが、彼女には完璧なアリバイがあった。東名高速道路で起きた謎多き事件を刑事が追う刑事ドラマ。原作は夏樹静子著の『高速道路の唸り』。

 

盛り場を回る歌手として活動していた川名輝夫が東名高速川崎インター近くの自宅で遺体となって発見された。首には果物ナイフが突き刺さっていた。事件当日天井にヌードのステッカーを貼った白いクーペが駐車場に停まっていたとの目撃証言から、白いクーペを所有する人妻・小笠原妙子が捜査線上にあがった。妙子は現在の川名の恋人でもある。一方、川名を追い回していた女・竹下清江にも疑惑がかかる。清江は川名と結婚の約束をして一年付き合っていたが、恵子の出現で捨てられてしまったらしい。しかし清江には会計事務所で働いていたというアリバイがあり、川名の殺害は不可能だと判明する。そんな中、妙子の遺体が高速道路内で発見される。不可解なことに川インターから高速に乗ったにも関わらず後部座席には全く異なる方角の西宮デパートの買い物袋が並んでいた。

 

川名を殺害した犯人のものと思われる車(白いクーペ)の天井に貼ってあった派手なステッカーがドラマ内ではしきりに『ヌード』と表現されているのだが、そこまで際どくはなくごく普通の水着を着た女の子のイラストのステッカーになっている。これはテレビドラマのため本物のヌードは出せなかったためなのだろうか、それともこの時代でヌードが意味する内容がその程度だったのだろうか、どちらにせよ違和感を覚えずにはいられない。但し派手で目に付き易いのは事実なので、そういう意味では条件は満たしていると言える。

 

さて、黒木瞳が容疑者となるこの作品。黒木瞳の可憐さが殺人とは結び付き辛いため面白いキャスティングになっている。また一筋縄ではいかないストーリーは意外と興味をそそるのだが、その反面一時間枠という時間制限のためかあっさり刑事に謎を解かれてしまうのが残念である。ここまで手の込んだ事件でありながら、あっさり解決は拍子抜けではあるものの、警察とすればここまで御の字だろう。

 

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM