寝台特急カシオペア&スーパーひたち連続殺人事件

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 16:00

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 原幹恵、いしのようこ、松村雄基 他

【放送】 2014年(テレ朝)

 

お馴染み十津川警部と亀井刑事のコンビが活躍して事件を解決する西村京太郎原作のトラベルミステリー第62弾!寝台特急カシオペアとスーパーひたちで起きた連続殺人事件の謎に迫る。原作は西村京太郎著の『日本海殺人ルート』。

 

北海道で保険金殺人の容疑者・福沢美登里に無罪判決が出る。それから二週間後、唯一の美登里の味方であった義姉の小野木由美は美登里と共に弟の明夫の墓参りをした後、寝台特急カシオペアで東京へ向かった。ところが翌朝、由美が胸にナイフを刺された姿で遺体となって発見されたのだ。事件を担当する事になった警視庁捜査一課・十津川警部一行が捜査を始めると、由美は大手アパレル会社の社長をしており、莫大な遺産があると判明する。バツイチで子供もいない由美の遺産を相続する権利があるのは姪でタレントの土橋かおる。実際、かおるは何度も由美に金の無心を行っていた。遺産相続の権利は無いが、元夫・山本功、そして副社長の矢野と疑わしい人物が次々浮上する。ところが由美の遺言状にはかおるではなく遺産の殆どが美登里に渡ると書かれていた。そんな中、スーパーひたちで矢野が殺害される。

 

このドラマで焦点となるのはマスコミから保険金目当てで夫を殺害した悪女として叩かれていた美登里である。彼女は無罪判決を受けた直後に煙草を要求する等悪びた態度をとり正に悪女として登場する。しかし何故か夫の姉である由美からは絶大の信頼を受けていて、美登里が弟を殺していないと信じ切っている。一方、その後、美登里は幾度となく山岳カメラマンだった夫の遺品のカメラを悲しそうに眺める場面が登場する。そうかと思えば身を隠すために訪れた家で料理の手伝いをしようとする等殊勝な態度を示したり、このドラマの中で彼女の印象はどんどん変化していく。美登里の変貌はこのドラマの一番の見どころとなっている。

 

まあ、ストーリーは相変わらずの時刻表トリックを十津川警部と亀井刑事が解き明かすというもの。特別目を疑うような大掛かりなトリックが使用されているわけではなく、目撃者の証言が決め手となって犯人を特定している。この辺に目新しさは感じないので、余計に美登里の変貌に目が奪われるのかも知れない。もう少し頭を捻るような部分があって欲しかった。

 

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM