<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

人は見た目が100パーセント

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみ 他

【放送】 2017年(フジ)

 

東京近郊の製紙会社に勤務していたリケジョ研究員三人が会社の合併により丸の内のオフィスへ異動になる。女子力ゼロの彼女達が女もモドキから女を目指して切磋琢磨する女子力アップラブストーリー。

 

八王子製紙に勤務する女性研究員前田満子、城之内純、佐藤聖良の三名は所謂女子力ゼロのリケジョ。しかし彼女達がそれを自覚せずにいられる平穏の日々がある日突然破られる。何と八王子製紙の技術に目を付けた大手化粧品会社『クレエラジャパン』に吸収合併される事になってしまったのだ。何でもクレエラジャパンが開発する新しいファンデーションには純たちが研究しているセルロースなのファイバーが必要不可欠。そのため吸収合併後も研究員の雇用体制は変わりないと言う。クレエラジャパンの新年会に招待されたリケジョ三人組は恐る恐る会場へ出かけたものの、そこで自分たちの女子力の無さを思い切り実感させられる。そこはドレスを着た洗練された女子ばかりが顔を揃え、存在感の薄い純は招待客でありながらスタッフと間違われてあれこれ用事を頼まれる始末。その上、不幸にもクジ引きで当たってしまった純はステージにあげられ困惑しとうとう気絶してしまう。このままでは新オフィスとなる丸の内では生きていけない。奮起する三人組はお洒落について研究を始めるのだが、それは女子力ゼロの彼女達には難題だった。

 

どうすればお洒落女子になれるか?

 

それをリケジョが研究するスタイルは良いのだが、イチイチ失敗してあーだこーだ騒ぎ出す流れに閉口する。いや、そもそもどうしたらそこまで徹底的に失敗するのかそちらの方が謎だった。しかも毎度毎度研究結果を出しているはずなのに全く活かされる事無く忘れ去られ、また女子力ゼロからリスタートってどれだけ学習能力が無いんだか。折角女性に興味のあるテーマを採用しているにも関わらず、主要な三名に全く共感が出来ず苛々のし通しだった。

 

またお洒落に一番効果があるのは恋愛であると中盤で結論が出されるが、この恋愛の行く末までもがまた受け入れ難い方向へ進んでいき、最後までもやもやした展開はストレスが溜まるの何の。女性に興味を持って貰ってナンボのドラマがわざわざ夢も希望もぶち壊すような展開に持っていくという本末転倒ぶりばかりが鼻につくドラマだった。

 

いや、そもそも主演の桐谷美玲にしろ、水川あさみにしろ、元が良いのにわざとみずぼらしく見せている事自体に違和感を覚えるのだが・・・。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

コメント
コメントする








   

カウンター

ブログパーツUL5

にほんブログ村

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

  • 沈黙
    梔子
  • 沈黙
    大王
  • 仮面の欲望
    hisa
  • 仮面の欲望
    梔子
  • 仮面の欲望
    hisa
  • おばさんデカ桜乙女の事件帖ファイナル
    梔子
  • おばさんデカ桜乙女の事件帖ファイナル
    うつ
  • 紫陽花は死の香り
    梔子
  • 紫陽花は死の香り
    中原明
  • 火の粉
    梔子

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM