<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

緊急取調室

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 天海祐希、鈴木浩介、速水もこみち 他

【放送】 2017年(テレ朝)

 

『緊急取調室』第二シリーズ。取調室内での被疑者と取調官の心理戦による駆け引きを中心に描いた刑事ドラマ。今回は紅一点の天海祐希だけでなく、その他の刑事達にも目を向けた構成となっている。

 

東京都立川市で宅配用のワゴン車の中で傘を差した男・小牧の遺体が発見される。現場にいた老婆・白川民子が自分が殺害したと自白するものの、警察署についた途端年のせいで自白した記憶がないと言い出す。しかし白川に認知症のテストをするものの、その傾向は見られなかった。検死の結果、遺体から亜ヒ酸が発見され、それが死因と特定される。緊急事案対応取調班が白川の取り調べを行う事に。担当に指名されたのは真壁有希子と中田善次郎だった。耳が遠い白川の取り調べは難航したが、白川は落書きで憂さ晴らしをする癖があり、それを殺された小牧に見つかり脅迫されたのだと言う。この先ずっと脅迫されると思うと怖くて、小牧にヒ素入りのお茶を渡して殺したと白状するが、有希子が気に入らないらしく常に反抗的な態度を取る。しかし白川が犯行に及んだと言う証拠は何一つなく、誰かを庇っているのではないかと疑惑が持ち上がる。

 

スタイルは第一シリーズから変わりは無いが、第一シリーズで既に真壁の夫の事件の真相は暴かれているため、今度は何かしら胡散臭い刑事部長の磐城が登場し、様々な犯罪を解決に導く一方で磐城が何を隠しているのかをも明らかにしていくストーリーになっている。しかし全編を通じてこの磐城が持ち出した真壁の夫の形見であるボールペンが気になって仕方が無かった。ただ持ち出しただけなら良いが、カチカチカチカチ散々弄り倒した挙句、最後にはまさかの歯形がつくまでがじがじという何とも悲惨な事態に。最終的に壊れる事も無く真壁に返却されたが、正直見ているだけで鳥肌が立ってくる。気持ち悪くて触りたくもない。ある意味、これは磐城を怪演した大倉孝二の大勝利と言えるだろう。

 

尚、真壁が元SITであった等の設定は今回スルーされている。今回のシリーズは第一シリーズを見ている事が前提となって制作されている。前作では対立関係にあったモツナベコンビとは友好的な関係を築いている。

 

地味に面白いというのが正直な感想で、それは前作とあまり変わりない。真壁の事情が取り上げられた前作と比べると今度は緊急事案対応取調室のメンバーの葛藤や後悔などがクローズアップされ、より人間ドラマとしての側面が色濃く滲み出ている。心理戦の面白さに加えて人間ドラマとして掘り下げられた今回のシリーズは前作より重厚感が増した印象を受けた。

 

さて気になったのは人気の俳優に良くある他のドラマとの掛け持ち。今回は同じクールで主要メンバーの中では田中哲司と鈴木浩介の二名が他局のドラマにも出演している。尤も全く違うキャラクターを演じている鈴木浩介に関してはさほど気にならなかったのだが、問題は田中哲司の方。実は異なるドラマでありながら演じている役柄は殆ど変わりなく、髪型だけ変えても区別がつかないのである。この手の被りはどうしてもいただけない。

 

満足度は★★★★★

AI,David Claxton,Victoria Kimanni
ユニバーサル ミュージック
(2017-06-07)

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

コメント
コメントする








   

カウンター

ブログパーツUL5

にほんブログ村

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

  • 沈黙
    梔子
  • 沈黙
    大王
  • 仮面の欲望
    hisa
  • 仮面の欲望
    梔子
  • 仮面の欲望
    hisa
  • おばさんデカ桜乙女の事件帖ファイナル
    梔子
  • おばさんデカ桜乙女の事件帖ファイナル
    うつ
  • 紫陽花は死の香り
    梔子
  • 紫陽花は死の香り
    中原明
  • 火の粉
    梔子

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM