<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ブラックリベンジ

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 木村多江、平山浩行、佐藤二朗 他

【放送】 2017年(日テレ)

 

目には目を。スキャンダルにはスキャンダルを。全てを失った女が夫を自殺に追い込んだ人間のスキャンダルを暴いて復讐する。

 

政治家・寺田圭吾の妻として幸せな日々を過ごしていた沙織はもうすぐ生まれて来る我が子の誕生を心待ちにしていた。ところがある日圭吾のスキャンダルが報じられて以来、彼女の人生は一変する。闇献金疑惑に愛人スキャンダル。全て捏造だったが、圭吾の政治家としての地位は陥落し、追い詰められた圭吾は沙織に自分を陥れた三人の名前を言い残して自殺した。夫の死のショックで我が子まで失った沙織は自らも心を病んで入院生活を送る羽目に。しかしカウンセリングを受けどん底から抜け出した沙織は、夫を陥れた三名に同じ目に遭わせてやると復讐を誓い、夫のスキャンダルを報じた『週刊星流』の敏腕ライターとして働いている。次々スクープを持ってくる沙織に編集長の福島の彼女への信頼は厚い。そんな中、沙織は次期入閣と噂される塚本修二郎に愛人の疑惑があると編集長に持ち掛ける。本当であればこれは大スクープになる。早速沙織はアシスタントをする記者の芦原咲良に塚本の後援会に出席していたドレスの女を二十四時間尾行しろと命じる。

 

最愛の夫を陥れた相手に復讐する沙織が選んだ復讐の手段はスキャンダルを暴く事。同じ目に遭わせて社会的に失墜させる。復讐すべきは夫が言い残した三名。しかしそれには裏があって・・・と復讐の相手が三人だけでなく、意外な人物へと復讐の矛先が変わっていく、この手のドラマには良くありがちな展開である。序盤から怪しい言動をしている人物がいるので、黒幕が誰かも丸判り。意外性はあまり感じない。この復讐の果てに何がどうなるかだけが興味を持てる点だった。

 

復讐に駆り立てられている時とそうでない時。沙織の口紅の色が変わる判りやすい。但し木村多江が割合淡白な薄幸そうな顔をしているため、復讐のための行動の際に塗る真っ赤な口紅が異常な程目立つ。下手をすれば唇だけ浮いているように見える。

 

まあ、それは良いとして、復讐劇だけに後味はあまり良くない。とにかくやり口が卑劣である。そのためヒロインの沙織を応援したくはならないし、だからと言って沙織に復讐される側に寄り添う気にもなれない。胸糞の悪さを感じつつ勝手にやれと言った感じになる。無責任に煽り立てて一人の人間を追い込む。ネットの炎上商法を具現化したような内容だった。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

コメント
コメントする








   

カウンター

ブログパーツUL5

にほんブログ村

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM