<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Doctor-X〜外科医・大門未知子〜

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 米倉涼子、草刈正雄、陣内孝則 他

【放送】 2017年(テレ朝)

 

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門家のライセンスと叩き上げのスキルだけが武器のフリーランスの女医・大門未知子の活躍を描いた医療ドラマ『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』のシリーズ第五弾!

 

気ままな一人旅を楽しんでいたフリーランスの外科医・大門未知子が隣の席に座り込んだ乗客を何とかあしらっていると、突然バスが蛇行運転を始める。見れば運転手が完全に意識を失っていた。慌てて未知子がバスを停止させて、運転手の容態を確認すると、運転手は心筋梗塞を起こして心肺停止の状態だった。丁度通りがかった赤い車に搬送協力を頼むと、その車を運転してた女性は小型のバンを調達して麓の小さな診療所に患者を運んでくれた。運転手は一刻も早く手術が必要な状態。診療所に勤務していた森本光医師が止めるのも聞かずに未知子は手術を開始し、応急処置を施す。ところがその患者が未知子の許可なく東帝大学病院に搬送されてしまったと知って未知子は憤慨する。その頃、東帝大学病院では初の女性院長・志村まどかがクリーンな改革を行い、全ての膿を出そうと尽力していた。患者を返せと言って乗り込んできた未知子をまどかは東帝大学病院で雇うと言い出す。実は患者を搬送した女性こそがまどかだったのである。患者の手術が出来ると喜ぶ未知子だったが、まどかが執刀医として指名したのはジャクソン医師だった。アメリカから医療ロボットを遠隔操作して行う手術で話題作りをしようとしていたのだ。

 

「私、失敗しないので」

 

この決め台詞と共に華麗な手術の腕を見せる大門未知子に毎度毎度魅せられっぱなしであるが、今回は少々様相が変わってきている。というのも、今回のストーリーでは彼女がただ活躍する様子を描くだけでなく、未知子が新人の医師を育てるという内容に変わっている。これまで群れるのを嫌い孤高の人であった未知子もついに考えを変えたか?と思わせるストーリーで少々これまでとは趣向が違っている印象を受ける。勿論、その点は最後の最後にオチをつけている所が憎い!

 

さて毎回お馴染みの他の医師達のコメディアンかと思われるやり取りもこのドラマの魅力の一つである。副院長が三人、揃いも揃って『たかし』には笑った。まあ、確かに珍しい名前では無いが、これはわざとだろう。元々いるキャラに『たかし』が二人いたので、今回からの出演となる陣内孝則もまた『たかし』として三人の副院長ならぬコメディアン『たかし』トリオを登場させている。また常にニヒルで腹黒なドンとして草刈正雄が登場。しかし登場する場面は常に高級肉を食する場面ばかり。おまけにその容姿を活かして薔薇の花束を抱えた写真集を作成って・・・。これはあくまで草刈正雄だからであって、西田敏行ではこの流れにはならないだろう。

 

今回も安定した内容で、特別目新しさは感じないもののついついこれまでの流れで見てしまうドラマである。この面白さは癖になる面白さである。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

コメント
コメントする








   

カウンター

ブログパーツUL5

にほんブログ村

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM