<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

DOCTORS〜最強の名医〜 新春スペシャル

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 沢村一樹、高嶋政伸、松坂慶子 他

【放送】 2018年(テレ朝)

 

『DOCTORS~最強の名医~』が三年ぶりに新春スペシャルドラマとして帰って来た。このシリーズの名物であった高嶋政伸と野際陽子の掛け合いは野際陽子の死去によりもう見る事は出来ないが、今回は松坂慶子が母親として登場する。オープニングではこれまでの名場面がダイジェストで流され、その中では故・野際陽子の病院長姿も見られる。

 

堂上総合病院はまもなく創立百周年を迎える。これまで院長を務めて来た堂上たまきはブータン王国で開業を決意して終の棲家にするべく日本を離れてしまった。代わりに病院長に就任したのは甥の森山卓。早速たまきがかつては役員を務めていた『関東病院長会議』に我が物顔で出席したものの、森山のボンクラぶりはすっかり病院長達の周知の事実であり、席は末席、弁当は一人だけ唐揚げ弁当と馬鹿にされて帰って来る。赤字経営と馬鹿にされた森山はゴルフ場で意気投合した怪しげな経営コンサルタント・猿渡圭介を招き入れ、人件費の節減、ニッチな専門外来の立ち上げ、温泉施設の導入等々の経営戦略を打ち出していた。そんな中、ブータン王国の病院の開業の手伝いに行っていた相楽浩介が堂上病院へ戻って来る。現状を知った相楽はまずい事になったと苦笑する。

 

今回、初登場となる松坂慶子の役は森山の母。自分の息子がどれだけボンクラなのか姉の堂上たまきから聞かされて知ってはいるのだが、それを知らないふりをして母親想いの森山の見栄を張った嘘に付き合ってあげる優しい母親である。予想通り森山が母親を「ママ」と呼ぶ様は笑わずにはいられない。しかもその母親の手術を森山が執刀する様は大爆笑!死んでもいないのに顔に布をかぶせるとか、手術中の患者にサングラスをつけさせるとか、もうこれは完全にコントの域。

 

さて森山の「ん〜〜〜」が健在であると同様に相楽の腹黒さも健在である。相楽の場合は堂上病院を理想に近づけるためにどんな事でもやろうという魂胆なのだが、これにはどうしてもネックとなるのが森山であるのは相変わらずである。腕は良いが性格に難のある森山を相楽がどう料理するかが今回も見所の一つとなっている。

 

このメンバーで第四シリーズの放送はあるのだろうか?

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

コメント
コメントする








   

カウンター

ブログパーツUL5

にほんブログ村

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM