<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ホリディラブ

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 仲里依紗、塚本高史、平岡祐太 他

【放送】 2018年(テレ朝)

 

幸せな結婚生活を送っていた妻が地獄へと突き落とされる。サレ妻となった彼女が夫婦再構築を目指すサスペンスドラマ。原作は草壁エリザ(原作:こやまゆかり)のコミック『ホリディ・ラブ〜夫婦間恋愛〜』。

 

高森純平、杏寿夫妻は一人娘にも恵まれ幸せな結婚生活を送っていた。大手ゼネコンに勤務する純平の収入に頼るだけでなく、娘が幼稚園に通うようになってからは家事の合間に杏寿も自宅でネイリストとして働いている。マイホームのローンを支払うため、杏寿も少しでも家計の足しになればと始めたのだ。しかしその幸せは長くは続かなかった。純平が静岡に異動になってしまったのだ。マイホームを手放すのは勿体ないと考えた高森夫妻は、純平が単身赴任という結論を出す。週末は帰るという夫の言葉を信じ、杏寿は快く送り出すのだが・・・。一年後、言葉通りの純平は毎週末自宅に戻ってくるものの、杏寿は自分をだんだん女より家族として扱う純平に一抹の不安を覚えるようになっていた。そんな中、美しい女性・坂口麗華がネイルサロンの客として訪れる。麗華は杏寿の心を見透かすように悩みをずばりとついて来る。その上でスピリチュアルアプリ『麗華の部屋』のモニターになって欲しいと頼んでくる。一方、その頃純平の職場に大人なしめな事務員・井筒里奈がやって来ていた。里奈を見た途端、純平の顔色が変わる。

 

夫の浮気が発覚したら?

 

これまでは何もかも順調で幸せな生活を営んでいたのに、単身赴任になった夫の浮気が発覚。相手はよりによって子供のいる人妻。当然ながらこの浮気によって二組の家族は苦悩し崩壊の一途を辿る。このドラマはヒロインがそこからどう夫婦を再構築していくかが見どころとなっているのだが、実際ドラマを見て印象に残るのは暗躍する夫の浮気相手の里奈の方である。甘ったるい声のせいもあるが、どんどん壊れて狂気に走っていく里奈の恐ろしさのインパクトが絶大である。どんなに壊れてもこうはなりたくないと切に思わせてくれる凄みがあった。一方、ヒロインの杏寿はと言えばしっかり者の性格もあって、とにかく考え方が真面目で正論ばかり口にするので鬱陶しい。あまり共感の出来るヒロインでは無かった。

 

ドラマが始まる当初は不倫をされた妻を主人公にする事で新しい切り口の不倫ドラマと位置付けていた。しかしこれまでの不倫ドラマと何が違うのだろうと疑問しか感じない。確かに夫婦再構築のために戦うヒロインは強い印象はあったし、それに対して浮気をした夫が優柔不断で弱さを醸し出している。ただ人物像を現代的にしただけであまり目新しいとは感じないのである。結局、夫婦再構築の鍵は裏切りを許せるかどうかにかかっているし、里奈のやり口はどっかで見たような内容ばかり。里奈が一人で空回りして彼女の無い物ねだりの性格が全ての悪だとされて終了。うーん何となくもやもやする感じが残された。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

コメント
コメントする








   

カウンター

ブログパーツUL5

にほんブログ村

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM