天才を育てた女房 〜世界が認めた数学者と妻の愛〜

  • 2018.02.24 Saturday
  • 21:28

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 天海祐希、佐々木蔵之介、生瀬勝久 他

【放送】 2018年(日テレ)

 

天才数学者・岡潔が文化勲章を受章するまでずっとそばで支え続けた妻の夫婦愛の物語。このドラマは読売テレビ開局60年スペシャルドラマとして放送された。

 

姉の嫁ぎ先である北村眼科医院で世話になっていた小山みちは姉の北村みよしから何度も縁談を勧められるも、なかなかその気になれず断って続けていた。結婚相手には普通が一番と姉夫妻は言い含めるものの、みちはどうも平凡な相手には魅力を感じないのである。ある日、みちは空に向かって雷が昇っていく様を目にする。これはブルージェットと呼ばれる発光現象。しかし当時はその存在は確認されていない時代だったため、見た事も無い雷にみちは大はしゃぎだった。丁度その時、近くを歩いていた岡潔もこの雷を見ていた。潔は理論上考えられない現象に頭を悩ませる。「ないもんもあるように考えるから楽しい」と言うみちに興味を抱いた潔はみちを追いかけて北村眼科医院へ。実は潔はみちの義兄・北村純一郎の甥っ子で、この日から北村眼科医院に居候する事になっていたのである。潔を自分を付け回す変態だと思っていたみちはこの現実に愕然となる。

 

岡潔が数学の天才であるが故に招いた不幸がこの中に凝縮されているような内容だった。勿論栄誉ある賞を受賞する功績は非常に喜ばしいものだが、そこに行き着くまでの道のりは全ては天才である事が発端になっている。潔が頭の中に溜め込んだ理論はとてつもなく壮大であり、常人には理解する事すら出来ない。つまり潔と同レベルに数学を理解出来る人間が日本にはいないのである。潔が京都帝国大学で講師をしていた時代、日本は数学の分野において世界から遥かに遅れていたと言わざるを得ない。まあ、言ってみれば井の中の蛙。そんな中に世界のトップレベルの天才がいれば、日本の数学者は面白くないだろうし、そもそも世界レベルの頭が無いので何を言っているのかさっぱり理解も出来ない。そんな中で自分の理論を認めて貰おうと足掻き、頭の中の理論を論文にしていく潔は孤独との戦いである。

 

しかし孤独では無かった。潔の傍には常にみちがいて、みちだけはひたすら潔の才能を信じ続けていた。ドラマを見ているとみちの方がより孤独な戦いだったように見える。数学が好きなだけの夫のために何もかも犠牲にして尽くし、信じるみち。彼女のそれまでの苦労が実るのは潔の理論が認められた時だけなのである。そしてその日がついにやって来る。潔が見せたみちへの愛情のエピソードにはほろりと涙が浮かんでしまうだろう。

 

数学者とはお堅いイメージがあるが、このドラマはシリアスでありながらも中にコミカルな面を織り込んでいて、退屈しないストーリーである。心が折れそうになりながらもどこかコミカルに見えてしまう大らかなみちの姿がとても印象的だった。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM