<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

正義のセ

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 吉高由里子、三浦翔平、大野拓朗 他

【放送】 2018年(日テレ)

 

新米女性検事が不器用ながらも仕事に恋に頑張る姿を描いた成長物語。原作は阿川佐和子著の『正義のセ』。

 

竹村凛々子は恋人・中牟田優希と三カ月ぶりのデートをする事になりウキウキしながら待ち合わせ場所へ向かっていた。ところがその途中でひったくりに遭い、バッグを盗まれてしまう。交番で被害届を出した凛々子があまりに犯罪に詳しいので、応対していた警官が職業を尋ねると、何と凛々子はこの春横浜地方検察庁港南支部に配属された検事だったのだ。翌日、心機一転検事官室に顔を出した凛々子は机の上に盗まれたバッグが置かれているのに気付いてびっくり。昨日の警官が届けてくれたと教えてくれたのは担当事務官の相原勉だった。挨拶そっちのけでスマホを弄り、その上「結構年上なんだ」と失礼な発言をする凛々子に相原は頭が痛かった。実は凛々子はまだ二年目の新米検事なので、ベテランの相原が教育係としてつけられたのだ。早速、仕事が割り振られ、凛々子は資料を必死に頭に入れて被疑者の取り調べを行う。最初の被疑者は強面の恐喝罪の男。女性蔑視の発言に切れてあわや被疑者を怒鳴りつけるところだった。次の被疑者は窃盗犯のおばさん。おばさんのお涙頂戴の話に一緒になって泣いてしまう。その次は偽ブランド詐欺の男。バッグが似合うとおだてられポーズを取る一幕も。相原の顔は険しくなるばかり。

 

新米検事役の吉高由里子の可愛らしさにまずやられる。あの独特な台詞回しに、一生懸命だけど何処か駄目な女子という雰囲気が非常に生きている。彼女の前ではどんなベテラン俳優陣も翳んでしまう。

 

検事が活躍するドラマなので毎回何らかの事件が発生するのだが、一人の平凡な女の子が検事の仕事を拙いながらも頑張っている姿についつい応援したくなってしまう。人は最初から完璧なわけではない。慣れない仕事を前にしたら少しずつ努力して一人前になろうとする。その道のりは果てしなく長くても頑張る事を辞めないそんなヒロインにはやはり好感が持てる。そして彼女の頑張る姿に仲間達も次第に引き込まれていく。実際とはおそらくかけ離れてはいるだろうが、ああいう暖かい職場というのも魅力的である。

 

また凛々子付きの事務官・相原との相性も良かった。最初は駄目駄目な新米検事ぶりに呆れ果てていた相原だったが、次第に凛々子の一生懸命さに影響され、いつしか凛々子のペースに自らを合わせるようになる。しかし見方を変えるとベテラン事務官である相原が人間として成長させられているのでは無いかとも思えてくるから不思議である。

 

さて事件自体はさほど難事件とは言えないものばかり扱っていて、そこに事件の鍵を握る何らかの証拠を凛々子と相原、そして二人の手に負えなければ同僚達が手を差し伸べるという流れ。しかしだからこそ共感が得られやすく、検事ドラマなのに何処かホームドラマのような暖かさがある。検事だからと妙に厳格にしたりしない所が魅力的なドラマだった。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

関連する記事
コメント
コメントする








   

カウンター

ブログパーツUL5

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM