<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

黒井戸殺し

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 野村萬斎、大泉洋、遠藤憲一 他

【放送】 2018年(フジ)

 

村の名士が自室で遺体となって発見される。この事件を友人から知らされた名探偵が事件を解き明かす。アガサクリスティー著の『アクロイド殺人事件』を日本を舞台に実写化。2015年に同局で制作放送された『オリエント急行殺人事件』に引き続き、三谷幸喜脚本、野村萬斎主演で送る第二弾。

 

殿里村唯一の医師である柴平祐は隣人の勝呂武尊に書き上げたばかりの原稿を渡して読んで欲しいと頼む。その原稿は『殿里村における黒井戸録助殺人事件の考察』と題され、先頃起きた殺人事件の内容を柴がまとめたものだった。早速勝呂はその原稿を自宅に持ち帰り、読み始める。昭和二十七年、唐津佐奈子がベッドの上で死亡する事件が起きた。検死に駆り出された柴の見立てでは佐奈子は睡眠薬の飲み過ぎによる死亡。佐奈子は未亡人で夫を殺害した暗い噂があるが、現在は村一番の黒井戸録助と交際中であるのは村人なら誰もが知る事実である。愛する佐奈子の死を知り肩を落とす録助は柴に話があると家に呼びつける。録助の話とは佐奈子から夫を毒殺したと打ち明けられていた件についてだった。しかも録助は佐奈子から遺書を受け取っていた。遺書を一人で読みたいという録助の希望を聞いて一旦家に帰った柴だったが、録助が死亡したと連絡を受けて慌てて黒井戸邸へ駆け付ける。

 

何故に黒井戸何だろうと思ったら、原題のアクロイドの先頭のアを除いて漢字にしただけという脱力物のユーモアに笑った。

 

原作で探偵として活躍するのはエルキュール・ポワロというかなりアクの強い引退した名探偵だが、このドラマで演じているのは野村萬斎。見た目は異なるものの、喋り方は相変わらず良く似せている。この和製ポワロ、即ち勝呂だが、彼の行動には不可解な部分が多く、一体何を考えて行動しているのかが今一つ判りづらい。しかしこの不可解な行動が最終的に一本の線で結ばれていく展開は興味を惹かれずにはいられない。

 

やはりミステリーの舞台は昭和までだろうと、この作品を見るとつくづく思わされる。そもそも原作が古い時代に書かれた作品であるため、これを強引に現代舞台で再現させようとすれば非常に無理が生じる。しかしこの時代ならば再現は可能。それを見極めるのもドラマ制作の重要なポイントである。

 

さて勝呂があまりに強烈なキャラクターであるため、他の登場人物の追随を許さないのだが、今回は特に斉藤由貴が演じた噂好きの医者の姉というのも強烈である。しかも噂好きに妄想癖まで加えられ、尾ひれどころじゃ済まなくなっているのだが、それが妙に当たってしまうのが不思議。本人も「隠し事は私に言っては駄目よ」と宣言する一幕があり、どうやら本人も秘密が出来ない性格だと認識しているのも面白い。また殺害された録助の姪も単なるお嬢様かと思いきや、意外と腹黒い部分があり、不思議な魅力を醸し出していた。

 

古き良き時代のミステリー。また制作されないものだろうか?

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

関連する記事
コメント
コメントする








   

カウンター

ブログパーツUL5

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM