<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

目撃 ある愛のはじまり

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 沢口靖子、榎木孝明、峰岸徹 他

【放送】 2001年(テレ東)

 

愛人と密会した帰りに付近で起きた殺人事件の容疑者を目撃してしまった女の覚悟と決意。原作は夏樹静子著の『目撃』。

 

桂木麻子は幼馴染みの大学助教授・各務徹夫と北鎌倉で密会した帰り、不審な男を目撃する。また雑木林の小路で自転車に乗った少年とぶつかりそうになり、その少年は運転を誤り崖から落ちて怪我を負ってしまう。真っ先に駆け寄った男がいたため、麻子は密会後の後ろめたさから身を隠してしまう。幸い少年の怪我は大した怪我では無かった。ところが丁度その頃、付近で金融業を営む畑山励造という男が自宅で殺害されていたのだ。死因は絞殺。争った形跡は無く、金庫は開けられたままになっていた。捜査に当たった警察は複数犯の仕業と睨み、事件当時現場付近を通った目撃者を探していた。帰宅した麻子は何げなく見ていたニュースで殺人事件があった場所が密会現場の付近だったと知って驚愕する。

 

夏樹静子作品らしい女性の心情がメインとなった作品である。勿論、殺人事件の絡むミステリーではあるのだが、それはまあおいておいて、幼馴染みの徹夫との恋と長年連れ添った夫への義理の狭間で悩むヒロイン・麻子のどちらにも踏み込んでいけない切なさがやり切れなくて、見ているだけで胸がじりじりするのだ。麻子が完全な悪女であればそんな気持ちにはならなかっただろう。しかし麻子はごく普通の女性で、むしろ心が綺麗で優しい女性である。再会した瞬間運命を感じた人との出会いがこんなにも遅くやって来るとは思いもせずにごく平凡な主婦として暮らしていたのだ。その上、この二人の背景には現在とんでもない問題が生じている。麻子の夫の会社に有利な証言を徹夫がしてしまった直後の話だけに、徹夫が桂木夫妻に接近したとあっては非常にマズイ事になる。麻子と徹夫の運命的な再会も愛情も純粋なものなのに、そこに世間的な利権が絡んでしまうから厄介なのだ。

 

まあ、こんな風に大人の恋愛ドラマさながらの設定の中で進んでいくミステリーだけについつい話に引き込まれてしまう。麻子は事件に何の関係も無く、ただ不審者を目撃しただけ。しかもよりによって不倫の直後に。ただこれだけのシチュエーションから麻子の思い悩むストーリーを良く作り上げたと感心する。

 

大人のラブロマンス風のミステリーを堪能したい人にはお勧めである。しかし主演が主演だけにお色気シーンは一切無し。情事直後の二人が浴衣を乱れも無く着込んで布団に横たわっている様は違和感しかない。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

関連する記事
コメント
コメントする








   

カウンター

ブログパーツUL5

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM