チア☆ダン

  • 2018.09.17 Monday
  • 18:32

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 土屋太鳳、石井杏奈、オダギリジョー 他

【放送】 2018年(TBS)

 

夢を諦めようとしていた女子高生が仲間と共に夢だったチアダンス部を結成する。全米優勝という目標を掲げたチアダンス部とそれを支える教師の成長と情熱のストーリー。昨年制作された映画『チア☆ダン』とは舞台を変更している。

 

高校野球夏の大会福井予選会では福井中央高校と福井西高校が戦っていた。幼い頃チアダンスに魅了された藤谷わかばは福井西高校に入学し、チアリーダー部に入ったが、残念ながらわかば達の応援も虚しく福井西高校は試合に負けてしまう。翌日、落ち込むチアリーダー部に東京から転入生・桐生汐里が入部希望に現れる。彼女は打倒福井中央高校のチアダンス部『JETS』を掲げて、自分がチアダンスを教えるから競技会で優勝しようと言い出す。しかもわかばの姉が『JETS』のOBで全米チアダンス大会で三連覇を果たした藤谷あおばと聞いて、わかばなら出来ると誘いをかけてくる。実はわかばも姉のようにチアダンスに憧れて練習を重ねていたのだが、受験に失敗してJETSに入れなかったのだ。受験に失敗して以来、何もかも諦める癖がついていたわかばだったが、汐里にその先は?と聞かれて答えに戸惑ってしまう。二人は校長の蒲生駒子に直談判してチアダンス部を設立したいと申し出る。しかし部を成立させるには部員が八名と顧問が必要であると判り、二人はチラシを配ったり運動神経の良さそうな知り合いに声を掛け始める。何とか六人まで集まったチアダンス部だったが、練習中汐里は他の部員の意識の低さにキレて折角集めたメンバーと亀裂が入ってしまう。そんな中、東京で就職が決まったあおばが心細そうにしているのを見て、わかばは汐里とチアダンスで送り出してやる事に。街中でパフォーマンスを始めた二人の前に去っていた仲間達が集まって来る。彼女達を囲む野次馬の中には不登校の柴田茉希や、福井西高校に赴任したばかりの教師・漆戸太郎、そして学級委員長の桜沢麻子の姿もあった。

 

ドラマは映画版でメインとなったJETSが全米制覇を成し遂げてから数年後の話。既にJETSは王者となり日本国内では敵なしのレジェンドとなっている。そんなJETS相手に打倒!JETSを掲げたのはチアダンス部さえ無い福井西高校。果たして一からどころかゼロからのスタートでJETSを倒せるかどうかがこのドラマの見所である。最終回は念願のJETSとの戦い。全国大会では各校の選手たちが生のダンスを披露する。かなり練習を重ねているのが非常に良く判る。

 

昔ながらのスポ根物かなと思っていると拍子抜けする。練習風景は何度も登場し、実際にチアダンス部の面々がダンスを披露しているのだが、徐々にダンスの実力がついていく過程を楽しむドラマにはなっていない。序盤ではその人物の悪い部分ばかりをクローズアップしてお粗末なダンスを見せた後は個々がどんな課題に取り組んでいくかについては問わず、次にダンスを見せる時にはもう上手になっている。ドラマで重要視しているのはむしろ彼女達のプライベート面。様々な問題をクリアしながら友情を深めていく部分がメインとなっていて、やがてわかばの姉・あおばがこのチームのコーチとして就任するが、指導している姿はほぼ皆無である。

 

毎回チアダンス部全体の問題だったり、主要メンバーの問題だったりと、勃発した問題を解決しようと彼女達が奔走する。ただこれらの問題の殆どが呆れるくらいありきたりなのだ。どこぞの部活ドラマにあったような問題を当てはめただけのような古臭い感じがするのは否めない。しかしわかばが選択するそれらの問題の解決策に関してはちょっと目先が変わって非常に平和的な解決方法を実践していく。話がうますぎるとか甘いと思う反面、こんな風に問題が解決したら良いだろうなと感じるのも事実である。

 

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM