恋のツキ

  • 2018.10.12 Friday
  • 10:42

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 徳永えり、神尾楓珠、伊藤沙莉 他

【放送】 2018(テレ東)

 

彼氏とマンネリ化した同棲生活を送る31歳のフリーターの女が、もろタイプの高校生に恋をする。女の本音が生々しく露出する大人のラブストーリー。原作は新田章のコミック『恋のツキ』。

 

平和子はもうすぐ32歳になるフリーター。現在、恋人の青井ふうたと同棲生活をしているが、生活費は折半で、当たり前のように家事一切は和子が担当している。姉のサチからは結婚を急かされているが、実際和子はふうたとの関係に冷めている部分があり、ただこの年齢から新しい相手を見つけるのは難しいと言う理由で続けているようなものだった。ある日、映画館のバイトの際、和子は手に怪我を負った美少年に目を留める。彼の容姿は和子のモロタイプだったのだ。映画が終わっても眠り込んでいる彼に気付いた和子は、彼が落とした学生証を拾う。何と彼・伊古ユメアキはまだ十五歳の高校一年生!突然目を覚ましたユメアキに動揺した和子は学生証を渡しそびれてしまう。

 

ドラマ内では性的な場面がかなりの頻度で登場する。それも愛の営みという意味で美しく幻想的に描かれているのではなく、だからと言って性的興味を煽るようなエロティックでも無く、ただただ生活の一部として描かれているのだ。言ってみれば欲望に忠実で本能的。そうする事で三十路過ぎの等身大の女を生々しく表現している。

 

ストーリーは決して面白いとは言い兼ねる内容である。同棲中の彼氏には結婚の意識は薄く、自分本位でただ和子に甘えているだけのように見える。共働きなのに家事は全て和子が担当。折半のはずの家賃は和子が支払い、バイトをしながら就職活動をしている和子への気遣いも無い。それでも和子はこの男を逃したら後がないとずるずる関係を続けている。三十代は二十代と違ってフットワークはそんなに軽くない。和子もそれを感じているから不満を抱えつつも、この場に留まっているのだ。恋愛にしろ、仕事にしろ、どんな生き方をするにしてもまず一歩を踏み出さなければ何も始まらない。和子にとっての一歩は恋だった。しかもその相手は高校生。良くあるストーリーではあるが、和子の後ろ向きな気持ちや葛藤がドラマ本編の中で腹立たしいくらいに鬱々と語られる。こうした心理描写が好きな人には受け入れられるドラマかもしれないが、共感出来ないと辛いものがある。

 

さてこのドラマの特徴としては、和子と伊古の二人が映画好きという共通点があり、それを活かしてドラマ自体が映画的な映像を作り上げている事にある。テレビドラマとは一味違った味わいがあるので必見!

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM