ヒモメン

  • 2018.09.09 Sunday
  • 09:51

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 川口春奈、窪田正孝、勝地涼 他

【放送】 2018年(テレ朝)

 

楽して生きる事しか考えていないヒモ男と彼を更生させたい看護師のドタバタラブコメディ。原作は鴻池剛のコミック『ヒモメン〜ヒモ更生プログラム〜』。

 

春日ゆり子は真面目で仕事熱心な看護師。看護師長の尾島和子には何かと厄介毎を押し付けられるものの、それでも常に誠心誠意患者に向き合い、何よりもこの仕事が好きだった。そんなゆり子の悩みの種は恋人の碑文谷翔。同僚には内緒だが、現在ゆり子は翔と同棲中。ところが翔は無職で責任感の欠片も無く、常にぶらぶら遊び歩く駄目男。同棲と言えば聞こえは良いが、実の所、単にゆり子に寄生してヒモ生活を堪能しているだけだった。翔と生活を始めてからゆり子の貯金は減る一方。このままでは生活が破たんすると危機感を覚えたゆり子は何とか翔を更生させようと思い立つのだが、天然な性格故にいつも言い包められてしまっていた。同僚達から恋愛のアドバイスを受ける度に危機感は増すばかり。そんなある日、病院に厄介な患者が入院する。この患者は自分が病院の大口出資者であるのを良い事に病室にペットの鳥を連れ込んでしまい、他の患者から文句が出ていた。ゆり子は尾島の命令で注意しに行くものの、逆に担当看護師としてペットの世話までやらせられる羽目に。その様子をこっそり見ていた翔はゆり子が看護師の範疇を越えて仕事させられている事を憐れに思い、代わりに自分が鳥の世話を申し出るが、腹痛でちょっと病室を離れた隙に鳥を逃がしてしまう。

 

一言で言ってしまえば安っぽいラブコメだった。お約束のバカップルがメインとなり、毎回何かしら騒動が起こるだけで最後は元鞘に収まるの繰り返し。主人公の年齢が二十代ではあるものの低年齢向けの少女漫画チックな展開に、回を追う毎にがっかりさせられる。ある程度知名度のある俳優陣が出演しているものの、内容がそぐわない。もう少し何とかならなかったのだろうか?

 

さてヒモ男の翔(本人はヒモだと思っていない)が最終的に更生したのかと言えば否である。結局彼の意識は一切変わっていない。ゆり子を愛してはいるものの、寄生して生きているだけである。根っからのヒモ体質の翔と付き合うなら、更生させるなどと言わずにヒモ体質を受け入れて付き合えば良い。それが無理なら別れれば良い。突き詰めればそれに尽きる。翔が駄目なのでは無く、ダメ男を切り捨てられないゆり子が駄目な女としか思えなかった。

 

満足度は★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM