<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

船越英一郎殺人事件

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

【出演】 船越英一郎、木下ほうか、夏菜 他

【放送】 2018年(フジ)

 

ドラマの撮影中にプロデューサーが殺害された。容疑者となったのはドラマの主演俳優・船越英一郎。2時間サスペンスの如く、船越栄一郎自らが事件の謎を解き明かすミステリーサスペンス。船越英一郎芸能生活35周年記念特別企画として放送された。

 

俳優・船越英一郎の芸能生活35周年を記念して特別企画ドラマ『独身貴族・桜小路優』の撮影が世田谷撮影所にて行われていた。共演は山村紅葉と山下容莉枝、そして被害者役の林泰文、鑑識役の山田純大と2時間サスペンスドラマではお馴染の面々。丁度ドラマのクライマックスである桜小路優の推理パートが始まった時、それは起こった。絡繰り屋敷の謎を解き明かすべく船越が襖に手をかけると、開かないはずの襖が開いてしまったのだ。おまけに男が襖の向こうから転がり出て、段取りが違うとスタッフは喧々囂々。ところが被害者を演じる林は段取り通り壁の向こうで待機していた。転がり出たのはプロデューサーの沢村だったのだ。沢村は胸を何かで刺されて既に息絶えていた。つまりサスペンスドラマの撮影中に本物の殺人事件が起きてしまったのである。連絡を受けて駆け付けた刑事二人は早速関係者に事情を尋ねていく。その内、ふと船越はこのスタジオが撮影中は密室だった事に気付く。

 

2時間サスペンスドラマが主流の時代にはあまりに世に出過ぎたせいか、ちょっとしたミステリー要素にエンタメだけに特化した作品が数多く輩出されたものである。流石に現代では2時間サスペンスドラマが放送される事はあまりなくなったが、このドラマのタイトルから見てまたエンタメ重視のドラマかとあまり期待はしていなかった。かつては2サスの帝王とまで呼ばれた船越英一郎が久々に主演の2サスなので興味本位でチラ見する予定だったのだが、どうしてどうして2サスをこうまでおちょくるかと言うコメディー要素をふんだんに取り入れてはいるものの、本筋のミステリーはしっかりしたもの。火曜サスペンス劇場やら土曜ワイド劇場等々他局のネタまで取り入れるとはかつて2サスを好んで見ていた層には堪らない。放送以前にSNSで犯人を特定するような情報が出回った一幕があったが、それはそれで話題性としてはプラスに転じた。このドラマを見るとつくづく2サスの黄金期の良作がしのばれる。2時間という枠組みが短く感じた。

 

とは言うものの、やはりみんな老けたな〜というのは否めない。演技は相変わらずなものの、若さに関しては何ともかんとも。そもそもこのドラマで若手と呼べるのは、マネージャー役の夏菜となるが、こちらも既にアラサー。全体的に年齢層高めに揃ってしまうのは致し方ないのかも知れない。折角だからかつてサスペンスの女王と異名をとった片平なぎさも出演させて欲しかったと思うのは贅沢な望みなのだろうか?

 

文句なしに面白いのでお勧めである。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

関連する記事
コメント
コメントする








   

カウンター

ブログパーツUL5

search this site.

profile

categories

latest entries

archives

recent comment

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM