過保護のカホコ2018 〜ラブ&ドリーム〜

  • 2018.09.29 Saturday
  • 22:17

【出演】 高畑充希、竹内涼真、映美くらら 他

【放送】 2018年(日テレ)

 

過保護のカホコが帰って来た。昨年放送された本編から一年後の世界を描いたスペシャルドラマ。

 

加穂子が麦野初と結婚してから一年が経った。現在、加穂子は他界した祖母の言葉を信じて家族を幸せにしようと頑張っている……はずなのだが、やはり超過保護に育てられただけに心許ない。初より一時間早く起きるはずが初に起こして貰い、未だ自分で服を決められず、家事は何もかも中途半端。また加穂子が始めた託児所『カホコハウス』は父方の家族――根本家の祖父母や叔母に手伝って貰っているが、融通の利かない頭の固さは子供達に不評で、子供を預ける母親達のマナーの悪さや料金未払いが原因で廃業寸前。加穂子の頑張りは何もかも空回りしている状況だった。一方、初はカフェでラテアートの才能を認められ正社員の声がかかっているが、肝心の絵の方は全く芽が出ていなかった。毎年恒例の加穂子の従姉の糸の誕生日。これまで通り誕生日会を開こうとする加穂子だったが、何をやっても失敗だらけ。結局、母親の泉がやってきて何もかも仕切ってしまう。これでは過保護な頃と何も変わらない。とうとう加穂子と初は言い争いになってしまう。

 

何をやっても一生懸命。だけどみんなよりペースが遅くて不器用だから、すぐにいっぱいいっぱいになってパニックになってしまう加穂子。そんな加穂子が大好きだった祖母の跡を継いで今にも分裂しそうな家族を守ろうとするストーリー。本編では初と結婚して亡くなった祖母の家に住み、祖父と一緒に暮らしながら新婚生活を送っている様子までが放送されたが、このドラマはあれから一年後のエピソード。幾ら決意は固くても人間早々思ったように変われるものでは無い。やる気はあるのに空回りばかりで、相変わらず何をやっても失敗だらけの加穂子の生活が披露される。まあ、想像通りと言えばその通りなのだが・・・。

 

本編を見ていた人にとってはこのスペシャルドラマは懐かしい面々が揃い、久々に本編を思い起こさせるファンサービスと映るだろうが、そうで無い人にとっては何が何だかさっぱり判らないだろう。おそらくヒロインが過保護に育てられたせいで自分では何も出来ない女の子になってしまっている事さえ判らないのでは無いだろうか。そう言った面ではこのドラマは初めて加穂子をお目にする人への配慮が足りない。初にどんな経緯があって加穂子と夫婦になったのかも不明なので、加穂子のように何にも出来ない女の子と結婚したただの変わり者で、その責任をとって加穂子の出来なさ加減に目をつぶって夫婦を続けているようにも感じてしまう。

 

まあ、それはともかくラストではようやく加穂子の両親が子離れを果たしたハッピーエンド。このドラマの場合、ハッピーエンドになるのが当たり前ではあるものの、一応これで一先ず過保護の問題にケリがついたように思われる。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM