大恋愛〜僕を忘れる君と

  • 2018.12.16 Sunday
  • 15:17

【出演】 戸田恵梨香、ムロツヨシ、松岡昌宏 他

【放送】 2018年(フジ)

 

アルツハイマーを発症した女医と売れない小説家の十年に渡る最後の恋を描いたラブストーリー。

 

2013年、KITAレディースクリニックの医師・北澤尚はこれまで恋愛経験はあっても恋愛にのめり込んだ事が無かった。そろそろ年齢的に結婚しようと思い立ち、アメリカでアルツハイマー病を研究する井原侑市と見合いをする。二人は価値観が似ていて、体の相性もバッチリ。結婚相手としてこれ以上の組み合わせは無いと思われた。双方の親も二人の結婚を祝福し、とんとん拍子に結婚話は進んでいく。侑市が海外に在住のため、結婚の準備は全て尚が行っていた。新居に引っ越した尚が帰宅すると、尚の部屋は水浸しになっていた。たまたま段ボールの回収に訪れた引っ越し業者の男が助けてくれたものの、愛書の『砂の上のアンジェリカ』もびしょ濡れになってしまう。実は彼は『砂の上のアンジェリカ』の作者・間宮真司だった。そうとは知らずに尚は真司と飲み屋へ行き、意気投合する。

 

これまでにも恋人の一方が病気で残された時間を精一杯生きるというラブストーリーは沢山あったが、今回は若年性アルツハイマーを患ったヒロインという設定を用いただけのラブストーリーと高を括っていたらとんでもなかった。脚本もそうだが何と言ってもキャスティングの良さが素晴らしい。主役にイケメンの俳優を差し置いてまさかの二枚目半のムロツヨシ。しかも役柄上はイケメンな役どころと来ているから驚きである。美女と野獣的なギャップを狙っているのかと思いきや、これがまたヒロインの戸田恵梨香との相性が非常に良く、美男美女のカップリングよりずっと親近感を覚える。序盤から二人のイチャイチャぶりが自然で、ドラマなのにまるで友人のイチャイチャを傍で見せられているような錯覚に陥るのだ。

 

また振られるのが何れもイケメンばかりというのもナイスだった。地位も名誉も容姿も全く関係ない。運命の出会いを果たした二人は恋愛の駆け引きをする事無く純粋で一直線で好きな人しか見ていない。何の駆け引きも無い一途な愛情が敗退するイケメン達によって余計に強調され、二人の愛の強さを示してくれる。

 

最終回は特に涙なしでは見られない展開でこれはヤバい。病が進行した尚を悲しみを押し殺して傍にいる真司の姿は勿論、それ以外にも一瞬しか登場しない悪役の小池徹平の姿も怖いくらいインパクトがある。若年性アルツハイマーの現実を直視させられて、ただの純愛ドラマで無いと見せ付けられてしまう。

 

こんな風に愛し合えたら、こんな風に愛されたら・・・。憧れずにはいられないラブストーリーだった。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM