赤い霊柩車37 猫を抱いた死体

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 12:41

【出演】 片平なぎさ、江波杏子、佐藤仁美 他

【放送】 2018年(フジ)

 

葬儀屋女社長が探偵となって事件を解決する赤い霊柩車シリーズ第37弾!猫を抱いて転落死した喫茶店のマスターの死に隠された謎を暴く。原作は山村美紗著の『猫を抱いた死体』。尚、放送を待たずして出演者の一人である江波杏子が死去している。

 

毎度お馴染みのオープニングトークは霊会を思わせる一面の蝋燭の中に立つ明子が語り部となって登場する。今回は死後離婚について。昨今、配偶者の死後、配偶者の親族との縁を切るため姻族関係終了届を出す人が増えているという。嫁姑の仲が悪くて同じ墓に入りたくない場合がそれに該当する。今回も良恵&秋山がユーモラスにそのサンプルケースを披露している。

 

石原葬儀社の社長・石原明子は婚約者の黒沢春彦と京都の町をデート中、京都一元気な芸子と呼び声高い豊駒に遭遇する。その場所は丁度甘味喫茶『風見屋』の前で猫好きのマスター・森岡道夫も交えて暫し談笑していた。ところが森岡の飼っていた猫のモモが忽然と姿を消してしまう。それから数日後、森岡は猫を抱いたまま転落死している所を発見される。前日の夜は雨が降っていたので足場が悪く、他に争った形跡も外傷も無かった事から警察はモモを見つけて高台の柵を乗り越えたものの運悪く足を滑らせたと見ていた。森岡が京都祇園新興財団のメンバーだった事から、同じメンバーの呉服屋の増谷が森岡の葬儀を石原葬儀社に依頼する。明子と秋山が葬儀の打ち合わせに訪れると、増谷は最高級の葬儀にしてくれの一点張りだった。葬儀の準備が進む中、祇園の置き屋『志村』の女将である志村綾乃が秋山と何やら知り合いらしく話し込んでいた。

 

今回は新たに京都に建つ病院に春彦が異動願いを出し、異動が受理されれば婚約者の明子と毎日会えるという話から始まる。ここで注意したいのはあくまで同じ京都にいても結婚どころか一緒に暮らすという話が何処にも出ていない点である。どうやらこのシリーズでは二人を決して結婚させない方針らしい。結婚させるとすれば最終作だろうか?それにしてもメインメンバーは元気である。

 

さてストーリーに目を向けると、やっぱり無理があるなというのが正直な印象である。何がと言えばメインメンバーの年齢が高過ぎるので全体にそれに適うように登場人物の年齢を上げてしまった故に若々しさが無く、それようにシナリオも改変。絵面も辛い。メインキャラクターの設定がしっかりしているのでお約束のコミカルな面は楽しめるが、ミステリーサスペンスとしてはイマイチ評価出来なかった。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM