私のおじさん 〜WATAOJI〜

  • 2019.03.09 Saturday
  • 15:33

【出演】 遠藤憲一、岡田結実、城田優 他

【放送】 2019年(テレ朝)

 

駆け出しの新米ADに付き纏っているのはなんと妖精のおじさん。ADのポンコツぶりにおじさんの毒舌が炸裂!テレビ業界コメディードラマ。

 

婚約者に振られて渋々就職活動を始めた一ノ瀬ひかりだったが結果は全滅。十二月になってバラエティ番組の制作会社『テレドリーム』から採用通知を貰い、喜び勇んで入社式に向かった。しかし番組制作会社と言っても思い描いていたようなオフィスでは無く、廃墟のように人気の無いビルに部屋の中は物が溢れてお世辞にも綺麗とは言い難い惨状だった。社員の泉雅也からいきなりバラエティ番組『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』のADに任命され、ロケ地の地図を渡されて仕事をふられる。渋々現地へ向かったひかりを待ち受けていたのは何をやっても怒られる現実。プロデューサーの千葉から帰れと言われた上に転んで怪我までする始末。そんなひかりの前に妖精のおじさんが現れる。おじさんはひかりが会社を辞めようと思っている事を言い当て、他の会社に行っても今のひかりでは同じ事になると告げる。

 

見た感じはドラマというよりも学芸会の演劇を見せられているようなドタバタコメディーである。しかしストーリーは何をやっても失敗ばかりで打たれ弱い所謂現代っ子のヒロインが、これまで思ってもみなかったテレビ業界に飛び込んで何度も挫けながらも妖精のおじさんに励まされて一人前のADに成長していく成長物語で、見た目に騙されてテキトーなドラマと勘繰っているとどうしてどうして話の本筋はしっかりしたドラマになっている。

 

妖精と言えば小さくて可愛らしいイメージがあるが、それがまさかの中年のおじさんという所にギャップを感じさせる仕組みになっている。ところがドラマ的には実は中年のおじさんである事が必要不可欠で、妖精なのに人生経験があるおじさんだからこそ出来るアドバイスに頷く事が多々あった。時に慰め、時に戒め、時に突き放し、おじさんのような潤滑油の存在があれば会社は上手く回っていくだろうと思わずにはいられない。またこれから社会へ出る人にもこのひかりの姿は是非見て欲しい。きっと会社に入社した途端、ひかりのように思っていたのと違うとすぐに壁に突き当たる人もいるだろうから。

 

遠藤憲一の良い意味での肩の力が抜けた演技としゃかりきに頑張る岡田結実のコンビが楽しいドラマだった。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM