メゾン・ド・ポリス

  • 2019.03.16 Saturday
  • 08:19

【出演】 高畑充希、西島秀俊、小日向文世 他

【放送】 2019年(TBS)

 

元警察官ばかりが暮らすシェアハウス『メゾン・ド・ポリス』。ひょんな事からこのシェアハウスにやって来た新人刑事が住人達と協力して事件解決を目指す刑事ドラマ。原作は加藤実秋著の『メゾン・ド・ポリス』。

 

牧野ひよりは念願かなって柳町北署の刑事課に配属された新人刑事。ある日、柳町北署の所轄内で人間が焼かれる動画が投稿サイトにアップされると言う事件が発生する。それは五年前に起きた『デスダンス事件』と手口が酷似しているため、その事件を担当していた夏目惣一郎元刑事から話を聞くため、ひよりは高級住宅街のとある洋館を訪れる。掃除をしていた夏目と思われる人物からあっさり追い返されそうになったひよりだが、丁度犬の散歩から戻って来た洋館の主人・伊達有嗣の好意で洋館の中へと招かれる。実はこの洋館は伊達が仲間達と一緒に暮らすシェアハウスだったのだ。しかもその仲間達と言うのは何れも元警察関係者ばかり。ひよりの素性を一目で見抜く元所轄刑事の迫田保、気障な口調でひよりを「ひよこちゃん」と呼ぶ元科学捜査官の藤堂雅人、家事全般を担当する元刑務課勤務の高平厚彦、そして使用人として働く元捜査一課の敏腕刑事・夏目。勿論、オーナーである伊達も元警察庁のキャリアという早々たるメンバーが顔を揃えていた。しかしとうの夏目は全く口を割ろうとしない。代わりに他の住人が捜査情報を教えてくれれば夏目から話を聞けるよう取り計らうと言い出す。元警察の人間とは言え、今や一般人。ひよりは一般人に捜査情報を流す事に躊躇するが、後藤が上に話をつけておくの一言で片付いてしまう。

 

リタイアした元警察官のおじさま方が活躍する刑事(?)ドラマになっているのがハマる人にはハマる。もうかつてのような活躍は出来ない。でもかつて培った杵柄で経験だけは豊富。今の時代にはそぐわないかも知れないが、何処か懐かしい感じのする素敵なおじさま方ばかりなのがベスト。最先端の科学技術を駆使するのも良いがその手の刑事物は食傷気味。たまにはアナログな世界にどっぷり浸りたいと思ったら是非このドラマがお勧めである。

 

メゾン・ド・ポリスの面々の中、唯一の現役警官であるのが牧野ひより。真面目で良い子ではあるものの、まだ経験が浅いのが玉に瑕。そこでメゾン・ド・ポリスの面々の手を借りて事件を解決する事になる。まるでお爺ちゃんと孫のような構図がほのぼのしていて笑えてしまう。勿論、事件自体はそんなに微笑ましい事件では無いのだが・・・。そしてもう一人、おじさま方の中に何故か混じっている中年層の元敏腕刑事・夏目。一応夏目が混じっている事情が存在するものの、アクションのある場面を一任するために混じっているとしか思えない。流石にご老体の面々にアクションは無理だろうし。

 

とにかくキャラクターの個性豊かなのがこのドラマの特徴である。そしてほのぼのとした雰囲気も良かった。特別人気の俳優を起用しているわけでは無いので、さほど話題にはならなかったが、続編を期待してしまう一作だった。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM