BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸

  • 2019.01.20 Sunday
  • 20:35

【出演】 井浦新、佐藤隆太、吉田羊 他

【放送】 2019年(フジ)

 

1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生。神戸は瓦礫の町と化した。一刻も早い復興を目指して崩壊した駅の復旧工事に携わった人々の姿を記録係を務めた少年の目を通して語る実話を元に制作されたドラマ。

 

2018年11月、慰霊碑にペンキを吹きかけた少年グループの一人・佐渡島克也が生田中央署西町交番へと連行された。警官の説教も克也にはどこ吹く風だったが、克也の父親を名乗る男が現れ克也を引き取っていく。男は春日豊。克也とは無関係の人間だが、慰霊碑に悪戯する克也の姿を見て追いかけてきたのだ。春日は生まれ育った地・六甲道駅へ克也を連れて行き、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災後の同じ場所を撮影した動画を見せる。そこには壊滅した町と生真面目にも何時間も歩いて通勤通学する人々の姿が映し出されていた。当時まだ18歳だった春日はあまり深く考えもせずに震災後の町を自前のカメラで撮影していたが、駅前商店街の人々と共に六甲道駅の惨状を目の当たりにして事態の重さを思い知らされることになる。六甲道駅は完全に崩壊していた。神戸と大阪を結ぶ六甲道駅が崩壊した事で線路は寸断され、電車の行き来が出来なくなってしまったのだ。これにより神戸は陸の孤島となり、付近の道路は渋滞が続き救援物資が届かないという悪循環に陥ってしまった。春日は小回りのきくバイクで走り回っている内に六甲道駅の施工業者である磐巻組の高倉昭と出会い、バイトをしないかと声を掛けられる。バイクで神戸を走り回った春日と高倉は、いつもと変わらぬ様子の大阪を見て神戸との雲泥の差に愕然とする。

 

未曾有の大災害と言われた阪神淡路大震災から二十四年も前の話。当時少年だった春日は既にいい年の大人になっている。このドラマは震災した神戸の当時の状況を伝えつつ、その中で無茶な要求にこたえて余震の続く神戸で六甲道駅を復興させるべく工事を行った人々の苦労や、彼等の頑張りがどれだけ町の人々に希望を与えたかをバイトで記録係を務めた春日によって語られていく。そしてその話は時を経て、一人の少年の心をも変えていく。しかしそこには春日の後悔の念もあったようだが・・・。

 

それにしても今だから思う事なのだが、六甲道駅の復旧工事が如何に無茶を通した計画なのかと思い知らされる。孤立した神戸を救うためには一刻も早い復興が望まれているのは判る。それには電車の開通が必須で、JR西日本はだからこそ復興計画を早めたいという気持ちも判る。しかし工事を担当する側からすれば期限を言われるままに縮められるのは堪ったものでは無いだろう。ただでさえ無理難題山積みの工事なのに、次々と工事期間を短縮され、これでは工事を担当する人達の健康も心配だし安全性にも不安が残る。そんな中でも工事の人達が少しでも安全を確保するために規律を守る姿が非常に印象に残った。ドラマでは期日を狭めるための苦労があまり表面化はしていなかったが、実際の現場ではそうした依頼がJR西日本から来る度にどれだけの心労を現場に与えていた事か。想像するだけで頭の下がる思いだった。

 

ドラマでは被災の悲惨さはおそらく半分も伝えていないと思う。割合マイルドな表現にとどまってしまったので、阪神淡路大震災を知らない世代にはそれがどれだけの惨状を作り出したのかはあまり伝わらなかったのでは無いかと感じた。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM