僕の初恋をキミに捧ぐ

  • 2019.03.04 Monday
  • 21:07

【出演】 野村周平、桜井日奈子、生瀬勝久 他

【放送】 2019年(テレ朝)

 

二十歳までは生きられないと宣告された心臓病の高校生と彼の病気を知りつつ一途に思い続ける女子高生の純愛ラブストーリー。原作は青木琴美のコミック『僕の初恋をキミに捧ぐ』。

 

垣野内逞は心臓病を患っており、幼い頃から入退院を繰り返して来た。主治医の種田穣の娘・繭とは入院中に知り合い、仲が良かった。ある日、二人で遊んでいる時、たまたま逞と種田が話しているのを耳にしてしまい、逞が二十歳まで生きられない運命だと知ってしまう。自分の命にタイムリミットがあると知った逞は大好きな繭を悲しませないために距離を置こうと決意し、自宅から離れた紫堂高校を受験する。この高校ならば数学の苦手な繭が入学するのは難しいと考えての事だった。晴れて入学した逞は入学式に隣の席にいた鈴谷律と友達になる。彼は生徒会長・鈴谷昴の弟で、兄の派手なパフォーマンスに苦笑していた。その直後に新入生代表で壇上へ上がった女子生徒を見た途端、逞は目を疑う。何と繭だったのだ。繭は昴の真似をして壇上で挨拶そっちのけで逞をターゲット。会場から逃げる逞を全力で追いかけていく。

 

運命の恋に落ちた高校生のラブストーリーで、男の子の方が心臓病で長く生きられないという事実が二人の前に障害となって立ちはだかり、そんな障害を二人の愛は乗り越えられるかが見どころとなっている。ストーリーは如何にも携帯小説が流行った時代に好まれたお約束の内容で、先が読めてしまうだけに意外性も無くただただ退屈の一言。また話数が少ないのか展開がかなり急ぎ足で、登場人物達の心理描写があまり丁寧に表現されていない。特に主役の二人は何か事ある毎に気持ちがぽんぽん移り変わって、一途に想い続けるという大前提の良さが失われている。

 

また演じている俳優陣がどうも高校生には見えないのも問題。髪型で何とか誤魔化そうとしているのが丸わかりで、野村周平はともかくヒロインの桜井日奈子は髪型がどうにもしっくりこない。

 

ラストシーンではこの二人の恋の顛末が描かれている。しかし二人がどうなったのか具体的な事は何一つ描かれていないミステリアスな場面である。このドラマで唯一衝撃的だったと言って良いだろう。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM