白衣の戦士!

  • 2019.06.21 Friday
  • 17:07

【出演】 水川あさみ、中条あやみ、沢村一樹 他

【放送】 2019年(日テレ)

 

命と戦う病院と言う名の戦場でがけっぷちベテラン看護師と元ヤンの新人看護師が恋に仕事に悪戦苦闘する姿を描いたお仕事ドラマ。

 

幼い頃から憧れていた看護師になった立花はるかは四季総合病院の外科病棟で働く事になる。出勤初日、張り切って「体力には自信があります」と挨拶したまでは良かったが、看護師の仕事は思った以上に過酷で何をしてもがさつで気が利かず失敗に次ぐ失敗。完全にやる気が空回りしていた。そのせいで指導係の厳しい先輩・三原夏美からは叱られてばかり。一方、同期の新人看護師・斉藤光は力仕事が得意な体育会系。こちらは指導係の小野貴子からも力仕事だけでなく、仕事覚えが早いと褒められている。はるかとの差は開くばかりだった。実は夏美が厳しいのには理由がある。夏美は現在婚活中で結婚が決まり次第看護師を辞めるつもりでいるのに、指導係に指名されたせいで退職ははるかを一人前にするまでお預けとなってしまったのだ。しかしすぐに夏美ははるかのとんでもない一面を知る事になる。はるかは元ヤンだったのだ。

 

看護師のドタバタコメディーと言えば『ナースのお仕事』がまず思い浮かぶが、あれからかなりの月日が経ち、さながら現代版『ナースのお仕事』と言えなくもない内容である。しかし時代の違いもあるのだろうがあのドラマ程弾けてはいない。しかし現代舞台でありながら、ヒロインを元ヤンという設定にした所が何とも古臭く、実際、ヒロイン・はるかの元ヤンを基盤にしたキャラクターはどうにも時代錯誤に感じられる。主演の中条あやみがあまりにもはるかをわざとらしく演じるので、余計にそう感じてしまうのかも知れない。

 

とは言え、その時代背景を取っ払ってみればれっきとした看護師のお仕事ドラマである。但し患者と看護師のやり取りを中心に見ていくかと思いきや、恋愛要素がかなり多め。職場恋愛に婚活等々、その話題となるとナースステーションは大盛り上がり。どっちが主体なのか時々判らなくなることもしばしばあった。コメディーだけあってノリが軽く、また仕事より恋愛に傾いているのもあって、じっくりと看護師の仕事を堪能するようなドラマにはなっていない。むしろ看護師ってこんな感じと雰囲気だけ味わう程度の内容で、ドラマ内で看護師が『看護師の仕事って大変』と良く口にしているのだが、ドラマを見る限りではそこまで大変そうには見えなかった。

 

そう、雰囲気だけ味わう。そう思ってみるのが一番だろう。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM