あなたの番です

  • 2019.09.09 Monday
  • 18:09

【出演】 原田知世、田中圭、竹中直人 他

【放送】 2019年(日テレ)

 

あなたには今、殺したい人がいますか?

 

マンションの住民の間で冗談のつもりで行われた交換殺人ゲームが現実の連続殺人事件へと発展する。マンションに引っ越して来たばかりに二度と引き返せない殺意の連鎖に巻き込まれた一組の新婚夫婦を襲うミステリーサスペンス。このドラマは動画配信サービスhuluと手を組み、本編では見られないオリジナルストーリーが配信されている。

 

手塚菜奈と翔太の夫妻は十五歳も年の離れた新婚夫婦。マンション『キウンクエ蔵前』の302号室を新居として購入し、引っ越して来た。住民は親切で家族仲も良さそうな人達ばかり。これならやっていけると手塚夫妻は胸を撫で下ろしていた。ところが翔太がコンビニへ買い物に出掛けた後、突然管理人の床島比呂志が訪ねて来る。しかも勝手に家の中に上がり込み、部屋の中を撮影したりインテリアや私物をチェックしたりとやりたい放題。購入したのだから管理人とは関係無いはず。菜奈が文句をつけると、床島はあっさり自分の行動に何の権限も無いと認め、玄関ドアに手製の表札を取り付けて帰って行った。夫婦揃って挨拶回りをした後、菜奈は月一で行われる住民会に出席する。ところがここでも床島が無神経な発言ばかりで、住人達はその都度やれやれとした顔を見せていた。仕方なく床島の話に付き合っている内に話題は自然と交換殺人の話題へ。いつものカードゲームに飽きていた面々は交換殺人ゲームと称して、無記名で紙に殺したい人間の名前を書くというゲームを始める。気が咎めていた菜奈だが、引っ越し初日から他の住人から睨まれたくないという理由で渋々ゲームに参加する。その夜、翔太が家具の下で鍵を見つける。床島に鍵の事を知らせようと電話をすると、何故かコール音が窓の外から聞こえて来た。恐る恐るカーテンを開けると、そこには宙づりになった床島の姿が!

 

このドラマは2クールで放送され、1クール目は手塚菜奈が主役、2クール目は手塚翔太が主役となって物語が進んでいく。1クールで起きた事件を2クール目でその謎を暴いていくという二段構成となっている。視聴者の予想を裏切る想定外の展開に次々起こる殺人事件、そして多くの個性的な登場人物の数々はあたかもエラリークィーンやアガサクリスティといった海外ミステリーの世界に飛び込んだようなイメージがある。昨今あまり見られなくなった2クール放送だが決して飽きさせない制作側の自信の表れなのだろう。実際、SNSではかなり話題になり、犯人が誰なのか推理する投稿も多かった。

 

ストーリーの面白さは勿論なのだが、それ以上にメディアを効果的に使って話題性を存分に発揮した作品である。また当初は主演も含めてキャスティングはどちらかと言えば地味めだったが、2クール目に入ってこれが2クール目のキャスティングを活かすための布石だったと納得。

 

但しこのように展開の早いドラマは往々にして目の前でころころと変わる展開に目を奪われ、細かい部分でちぐはぐな粗が見られがちであるが、まあそのような面が全く無いとは言え無いが、1クール目にしれっと伏線を入れていたり、普通に見ていればなんてことない場面が改めて考えると恐ろしい場面になっていたりという事もあり、最初からそれを見込んでの制作であった事が窺える。行き当たりばったりのストーリーでない所に好感を持った。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM