パーフェクトワールド

  • 2019.07.05 Friday
  • 14:40

【出演】 松坂桃李、山本美月、瀬戸康史 他

【放送】 2019年(フジ)

 

高校時代に好きだった彼と再会した。だけど彼は障害者になっていた。車椅子生活の建築士と彼に恋をする女が様々な困難を乗り越えて愛を成就させる美しくも切ないラブストーリー。原作は有賀リエのコミック『パーフェクトワールド』。

 

川奈つぐみはインテリアデザイン会社『クランベリーズ』で事務員として働いている。ある日、社長の東美千代に頼まれて設計事務所との打ち合わせの席に届け物をすると、そこには高校時代の同級生・鮎川樹がいた。樹はつぐみの初恋相手だが、高校時代の樹はバスケ部のキャプテンを務めていてつぐみからすれば手の届かない存在。おまけに同級生の雪村美姫とも付き合っていて、結局つぐみは思いを打ち明ける事が出来ないまま卒業を迎えた。再会を喜ぶつぐみは浮かれて「もうバスケはやってないの?」と聞いてしまう。つぐみの発言にその場にいた面々は一斉に黙り込んでしまう。つぐみは知らなかったのだ。樹は大学時代に事故に遭って下半身不随となっていた事を。自力で車椅子に乗る樹を見てつぐみは樹を傷つけるような発言をした事を激しく後悔する。

 

昨今恋愛ドラマが殆ど制作されなくなる中、恋愛の王道を行く稀少な純愛ラブストーリーである。特にこのドラマが放送された時期は唯一の恋愛ドラマであったと言っても過言ではない。またこのドラマは車椅子生活を強いられる障害についてもきちんと描かれていて、それによる生活面の困難や発症する病、排せつの問題等々、勿論実際はもっと多くの問題が生じるのであろうが、主人公の樹が粗相をしてしまってプライドが傷付く姿は胸が詰まるような思いがした。

 

好きになった人が障害者だった。

 

と、不倫している人の言い訳ともとれる言い分だが、実際このドラマのヒロイン・つぐみにとってはまさにそれが真実なのであろう。障害を持つ人間と暮らしていくには相当な困難が見込まれる。だから周囲の人達はつぐみと樹の恋愛を引き裂こうとする。でもつぐみにとって樹は初恋の相手であり、人間性に惹かれる相手でもある。ただ好きという感情だけで恋愛が成就するのかがこのドラマのメインテーマとなっていて、メインとなる二人が自分の気持ちに正直に生きるための覚悟が出来るかというのがネックとなってくる。それは当然この設定を見た段階で何となく想像のつく話ではあるが、やはり一つ一つの困難を乗り越えていく純愛は美しく見えるものである。つい心の中で「頑張れ!」と応援したくなってしまう。

 

恋愛ものはもう食傷気味であまり受け入れられない時代なのかも知れないが、甘い恋愛ではなく現代の社会と真摯に向き合ったラブストーリーには心惹かれてしまう。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM