遊戯みたいにいかない

  • 2019.06.06 Thursday
  • 10:07

【出演】 東京03、山本舞香、山下健二郎(三代目J SOUL BROTHERS) 他

【放送】 2019年(日テレ)

 

売れない漫画家の事務所を舞台にファミコン世代VSスマホゲーム世代のジェネレーションギャップやトラブルを話題にしたコメディードラマ。昨年放送されたドラマ『漫画みたいにいかない』の第二弾!尚、『漫画みたいにいかない』は舞台化もされている。

 

かつては少し売れたものの、今やすっかり売れなくなってしまった漫画家・戸塚オサムは私生活においても妻に逃げられた人生負け組。オサムの幼馴染みで定食屋を営む鳥飼が戸塚の事務所を訪れると、戸塚とアシスタントの荒巻が難しい顔をして目の前に座っている若い女性を見つめていた。彼女は荒巻の従姉妹で百川さくら。さくらは有名ブロガーで、大手出版社から出版のお声が掛かっていたのだが、肝心のブログが炎上し、出版の話が取り消されてしまったらしい。相談を受けた荒巻は自分では何も解決策が思い浮かばず、戸塚に相談したのだが、丁度酔っ払っていた戸塚は酔った勢いで弁護士費用150万円を払ってやるから訴訟しろと言ってしまったのだ。さくらはすっかりその気に。何とか戸塚はさくらに訴訟を諦めさせようとするのだが、口が達者で頭も切れるさくらに説得するどころか言い返す事も出来ない。困り果てた戸塚と荒巻は今来たばかりの鳥飼に相談する。

 

漫画家の事務所という舞台設定で東京03のコントをやっているようなもので、コメディードラマの扱いではあるが内容は東京03にゲストを加えた状態でのコントである。それぞれのキャラクターは個性的で普通の枠からちょっとはみ出したキャラクターばかり。そんなキャラクターであるので、反応自体が通常の感覚の斜め上となる。それが笑いの根本であり、ドラマ的な要素は少なめである。

 

基本的に横並びにずらりとメインのメンツが並んで話す。時折、対話形式をとるために別のソファーに座ることもある。尚、横並びに並ぶ面子の背景に現在の状況を説明する文字やイラストが飾られているのがミソ。舞台設定をイチイチ変えたりしないので何をやっているのか判らなくなっても、背景を見れば納得。短時間でやり取りが終結するのでかなりテンポが良く進む。その結果、何一つ解決していないこともしばしばなのだが・・・。それもまた東京03らしいともいえる。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM