執事 西園寺の名推理2

  • 2019.06.15 Saturday
  • 15:48

【出演】 上川隆也、佐藤二朗、吉行和子 他

【放送】 2019年(テレ東)

 

優雅な資産家の奥様に仕えるスーパー執事が見事な推理力を発揮して事件を解決!『執事 西園寺の名推理』シリーズ第二弾!今回の奥様役は前作の八千草薫から吉行和子にバトンタッチした。

 

西園寺一は伊集院百合子に仕える執事。百合子がイリュージョンショー『羽衣伝説』を見に行きたいと言い出す。このショーには天才イリュージョニストの朝風薫子が天女役で出演する。薫子をデビュー時代から応援しているだけに百合子はショーを楽しみにしていた。この日、薫子の娘もデビューするとあって話題性は抜群。最大のイリュージョンである天女の瞬間移動の際にイリュージョンは成功したものの、現れた薫子は背中を刃物で刺されていた。西園寺は百合子を安全な場所に避難させるが、百合子は知人の死の真相をどうしても知りたいと西園寺に捜査を依頼する。会場には薫子の先輩である佐藤久美子がいた。二十五年前、同じ演目で久美子の代役をしたのが薫子で、それが原因で薫子は一躍スターになり、久美子は華やかな世界から姿を消した。その原因となったのが羽衣の消失事件だった。本番直前、大切な小道具である羽衣が楽屋から消えたのだ。突然の事に久美子はパニックになり、薫子は何故か落ち着いていてアドリブで舞台に立ったのだと言う。

 

見事にお約束の展開を裏切ることなく、殺人事件を執事が刑事を差し置いて見事に解決してしまうというストーリーは前作同様である。所謂何でも出来ちゃう執事のキャラミスであり、見ている側としてはミステリーよりも執事の高い能力と知識の方に魅せられる。地味ながらも安定した内容だけに続編は頷けるのだが、第一作目で伊集院百合子役を演じた八千草薫は病のため吉行和子に変更となった。しかしこの変更は、実を言うとあまり違和感がない。

 

前作では最後に秘密めいた西園寺の過去が全話通じての謎となっていたが、今回は謎の美女・山崎和歌子が登場し、西園寺を常に追い回す。西園寺の過去の出来事に何かしら関わっているらしいと匂わせつつ、最後まで引っ張る引っ張る。しかも和歌子はどうやら西園寺に恨みを抱いている模様。という事で何となく気になるものの、正体を知りたければ最後まで見る羽目になってしまうのだから厄介である。

 

全てにおいて無難ともとれるドラマで、インパクトはさほど強くはないものの、やはり抜群の安定力は見事である。続編もあるのだろうか?

 

満足度は★★★★

 

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM