高嶺と花

  • 2019.06.19 Wednesday
  • 11:07

【出演】 高杉真宙、竹内愛紗、伊藤あさひ 他

【放送】 2019年(フジ)

 

姉の代わりに見合いに行った女子高生が見合い相手の御曹司に気に入られてしまった。ハイスペックイケメン御曹司と一般庶民JKの年の差身分差ツンデレラブストーリー。原作は師走ゆきのコミック『高嶺と花』。

 

都立桜丘高校一年生の野々村花は姉の縁の代わりに見合いの席へとやって来た。見合い相手は大企業・鷹羽商事を経営する鷹羽家の御曹司・才原高嶺。何でも鷹羽商事会長が何かの機会に縁を気に入り、是非孫の嫁にと申し込んで来たらしい。鷹羽商事の一介の社員である花の父・野々村茂にとってそれはいわば死活問題。もし粗相があれば会社を辞めさせられるかも知れない。ところが当の縁には別に恋人がいて見合いに全く興味なし。そこで仕方なく花が23歳と年齢を偽って姉の代役を務める事になったのだ。見合いの席に遅れて現れた高嶺は予想に反してイケメンだが、いきなりずけずけと花を金目当てだと罵り始め、これを聞いていた花はとうとう我慢出来ずにキレてしまい啖呵を切って見合いの席を飛び出してしまった。翌日、父親がクビにならないかと心配しつつ学校へ来ていた花の前に突如高嶺が現れる。高校の校門前に高級車を停め、薔薇の花束を渡す高嶺はどう見ても花をデートに誘いに来たとしか思えないのだが、父親のクビをちらつかされて脅迫されたと思った花は高嶺についていくことに。しかし高嶺が前日の非礼を謝りたかったのだと知って花は高嶺を見直すように。

 

少女漫画チックな設定とストーリーはともかくとして、メインの花と高嶺のキャスティングに疑問を感じるドラマだった。女子高生の花の演技はともかくとして、背が高くて、高嶺の魅力の一つである背の高さを殺してしまっている。勿論、高嶺役の高杉真宙の背が低いわけではないが、花の背が高いせいであまり高低差が画面から伝わって来ないのである。また高杉真宙の話し方も鼻につく。今回、高嶺は俺様の台詞を片っ端から言い連ねる場面が多いのだが、話をする時に滑舌良く正確に話そうとするあまりイチイチ不自然に感じるのだ。何故に自然に話が出来ないのか。このメインキャスト二人のせいで序盤から面白さは半減である。

 

さてストーリーはと言えば、まあこの話数で収めるのならこんなものだろうと無難なまとめ方で、ほぼ予想通りの展開。最後は続編に余韻を残しての終わり方だが、本当に続編が作られるのかどうかは微妙なラインである。

 

満足度は★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM