私の男の秘密

  • 2019.08.02 Friday
  • 11:43

【出演】 カン・セジョン、ソン・チャンウィ、パク・ジョンア 他

 

妻子と三人でつつましやかな生活を送っていた真面目な青年が、大企業の御曹司と瓜二つだったために壮絶な復讐劇に巻き込まれていく。このドラマは韓国・台湾共同で制作された。

 

代議士チン・グクヒョンの家庭には問題があった。グクヒョンの妻――パク・ジスクが十四年前に行方不明になった娘のヨリムを未だに探し続けているのだ。ジスクはヨリムが行方不明になったのはヨリムの姉で養女のヘリムの仕業だと疑い、ヘリムに憎んでいた。ジスクの睨んだ通り、ヘリムは事故に遭ったヨリムを置き去りにして逃げている。それ以降、ヨリムの行方は未だ判らないままになっていた。ある日、ジスクがヨリムを探すビラを配っていると、誰かが捨てたビラを通りがかった出前中のバイクのタイヤが巻き込んでしまう。ジスクは思わずバイクの前に立ちはだかりバイクは転倒。出前中のチャンポンが駄目になったばかりか、運転をしていたソラはジスクからビンタを食らう。この一件を陰から見ていたヘリムは法外な額の小切手を投げて、高飛車な態度を取る。それが気に入らなかったソラはヘリムに小切手を突き返した。一方、その頃、ソラが売っていた手製の海苔巻きが高値で転売されるという問題が勃発していた。販売していたのは苦学生のハン・ジソクだった。

 

復讐劇と言えば誰かにどん底まで陥れられた人物が自分を陥れた相手に復讐するために周囲の協力を得てのし上がり、今度は相手をどん底に突き落として自分が得られるはずだった幸福をつかみ取るというのがパターンであるが、このドラマも確かにその傾向はあるものの問題が幾重にも複雑に絡まっているのが特徴である。単純に誰に復讐すれば良いのか明確では無いのだ。欲望を剥き出しにし、己の利益しか考えない身勝手な人物として代表的なのがチン・グクヒョンで、この人物が悪人であるのは明白であるのだが、それ以外の人物に関しては色々背景にある事情が付き纏い、同情する余地が出て来てしまうのが一筋縄ではいかないストーリーを作り上げている。おまけに韓国ドラマでは必須の出生の秘密が一つどころではないため、その出生の秘密があるが故に色々な問題が起きてしまうのだ。そのせいで敵味方がしょっちゅう入れ替わり、今誰が誰に攻撃を仕掛けているのかがちゃんと見ていないと混乱する場面が多々ある。それがこのドラマの良い点でもあり、欠点でもある。

 

さてこのドラマのヒロインはソラであるのだが、あまりヒロインらしい感じがしない。というのはダークヒロインであるヘリムが身勝手で平気で嘘をつく身勝手な女性でありながらも、次第に最も人生を弄ばれた悲劇のヒロインとも化してしまう。ドラマの後半は特にヘリムの身をすり減らすように苦しむ姿がクローズアップされ、その一方でソラは行動に一貫性がなく目的が絞れずぶれてばかりいる。ソラの行動の一貫性の無さは見ていてイライラが募りどうも好きになれない。

 

ところで最もこのドラマで印象的なのはハン・ジソプとカン・ジェウクのゾンビの如く死なない展開だろう。少年漫画にヒーローは決して死なず、どんな状況でも復活するというお約束があるが、それに準ずるものがある。しかし家族が目の前で死亡を確認したにもかかわらず、実は生きてましたとかどんなご都合主義何だか・・・。

 

満足度は★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM