死命 〜刑事のタイムリミット〜

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 18:03

【出演】 吉田鋼太郎、賀来賢人、中尾明慶 他

【放送】 2019年(テレ朝)

 

女を狙った連続殺人事件が起きる。犯人は余命宣告を受けたディトレーダーの青年。同じく余命宣告を受けた刑事が自分の命のタイムリミットを賭けて執念の捜査を開始するヒューマンサスペンス。原作は薬丸岳著の『死命』。

 

デイトレーダーの榊信一は学生時代のボランティア仲間に羨望の眼差しを向けられているが、実はスキルス性の胃癌に侵されて余命宣告を受けていた。その帰り道、信一は道端で酔っ払った若い女・岡本真紀を見掛ける。翌日、扼殺された岡本真紀が発見される。遺体には抵抗の形跡(吉田線)が見られたため、現場に駆け付けた警視庁捜査一課の刑事・岩澤は即座に強姦目的での殺害と睨むが、岩澤と対立する刑事の蒼井は全く別の見方をしていた。早速捜査本部が設置され、蒼井は捜査会議中にスマホを鳴らした日暮里署の新米刑事・矢部知樹に目を付ける。バディを組んだ途端、蒼井は被害者のスマホに登録されていた500件を超える交友関係を調べると矢部に宣言する。矢部は猟犬とも呼ばれる蒼井のやり方にうんざりしていた。ようやく六本木のクラブで被害者と最後に接触した人物を発見するが、蒼井はその途中で具合を悪くする。その直後、病院で蒼井は三年前の胃癌が再発し既にステージ4だと余命宣告される。打ちのめされた蒼井が廊下で悲壮感を漂わせて座っていると、ペットボトルの水を渡してくれた人間がいた。まさかこの親切な人間が殺人犯の信一とは蒼井は思いも寄らなかった。

 

余命宣告を受けた人間が残りの時間をどう生きるか。それに焦点をあてて、追う側と追われる側がそれぞれタイムリミットのかかった人生の過ごし方を描いたヒューマンドラマである。一人は余命宣告を受けて、自らの欲望を解き放ち殺人犯となった。一人は余命宣告を受けて、目の前の事件を解決しようと奔走する。どちらもこの世に未練を残すまいと足掻く人間の生き様であるのだが、それが敵対する立場、殺人犯と刑事という設定になっているところがこのドラマの面白さである。

 

また同時にそれぞれに課題も残されているのがミソ。人間はただ一人で生きているのではない。一人で生きているようでも何かしらで誰かと繋がっている。例えば家族。蒼井には娘がいてその娘との仲は悪化している。自分の望む生き方を選ばなかった娘とは未だに和解していない。また信一も男にだらしない母親との関係に苦しんでいる。そんな二人が人生のタイムリミットを迎えるまでに自らの課題と同時に家族との課題も解決していく。それこそが死命なのである。ドラマではさほど濃厚とまでは言えない内容にとどまってはいたが、見応えは十分なドラマだった。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM