偽装不倫

  • 2019.09.13 Friday
  • 11:35

【出演】 杏、宮沢氷魚、仲間由紀恵 他

【放送】 2019年(日テレ)

 

人妻と嘘をついてイケメンと偽装不倫をしてしまった婚活疲れの独身女のラブコメディー。原作は東村アキコのコミック『偽装不倫』。

 

三十路を過ぎた濱鐘子は三年間の婚活でまるで成果が出ず、婚活を辞めると宣言する。契約期間が切れて博多へ旅行へ行こうとする鐘子を姉の吉沢葉子は窘めるのだが、そもそも鐘子が婚活を始めたのは葉子の結婚がきっかけだった。幼い頃から優秀ではあるが地味で堅物の葉子には結婚なんて無理だと高を括っていた鐘子だったが、三年前に突然葉子が長身のイケメンで非の打ち所のない吉沢賢治を連れてきて結婚すると言い出したのだ。そこから瞬く間に葉子は結婚したばかりか自宅を二世帯住宅に改築させ、夫婦ともども一緒に暮らしている。結婚女の行動力に鐘子は驚かされるばかりだった。触発された鐘子も婚活を始めたものの、現実は厳しく沢山の婚活を経て知ったのは自分が徹底的に男にモテない事実だった。姉から服を借りて博多行きの飛行機に乗り込んだ鐘子はポケットに姉の結婚指輪が入っている事に気付く。荷物が当たった拍子に落としてしまった指輪を拾ってくれたのが鐘子好みのイケメン青年・伴野丈だった。しかも彼の席は鐘子の隣。まさかの事態にボーっとする鐘子は彼から指輪をはめる手を聞かれ、うっかり左と答えてしまう。

 

このドラマは葉子・鐘子姉妹の愛の形を中心に進んでいく。テーマとなっているのは嘘。嘘から始まった鐘子の恋愛。嘘で塗り固めて不倫愛に走る葉子の恋愛。どちらの恋愛も嘘が常に付き纏う。しかしどちらも真実の愛を求めているのは一緒で、嘘をつく事でその愛にしがみつこうとしている。でも嘘は自分を苦しめていく。自分だけじゃなく最後には愛する人を傷つけていく。嘘をつく事に苦しみながら真実の愛を手に入れる事が出来るのかがこのドラマの見所となっている。

 

不倫と言えば悪のイメージがある。パートナーを裏切って別の人に走るからその愛は悪なのだと言うのが一般的な見方である。ただこのドラマを見ると少しイメージが変わる。不倫愛に走るのにも理由があって、運命的な出会いをした二人の愛は何者も止められないのだと、ついついロマンティックに捉えてしまう。また不倫だからと言ってドロドロな展開に走らないのも魅力である。

 

それはそうとこのドラマでは杏が演じる鐘子が非常に魅力的である。自分に自信がなく、真っ直ぐな性格で嘘をつけない。それなのに嘘をついた事に苦しみ、丈を手放したくが故に嘘の上塗りをしてしまう。そんな鐘子が凄く可愛らしく、それでいてリアルな女性の心情を表しているように思える。一方、もう一人のヒロインである仲間由紀恵演じる葉子も計算高く抜け目のない女性かと思えばそうでもない。順風満帆な人生だったのに、たった一つの愛を知って愚かな嘘を重ねてしまう。そして夫を愛せない理由も現代を生きる女性には凄く共感できるのではないだろうか。最後に見せた葉子の潔さと決意。それを表す葉子のラストシーンが光り輝いていて、とても印象的だった。

 

満足度は★★★★★

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM