さらば、夏の光よ

  • 2010.10.06 Wednesday
  • 01:00
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
【出演】 柳沢慎吾、岡田奈々、五代高之 他
【放送】 1984年(TBS)

固い絆で結ばれた二人の男と彼らが愛した一人の女を巡る愛と友情の物語。原作は遠藤周作著の『さらば、夏の光よ』。夏の輝かしい太陽が差し込むオープニングが非常に印象的だったものの、ドラマは夏の爽やかさより物悲しい雰囲気に包まれている。尚、この作品は放送以前に郷ひろみ主演で映画化もされている。但し映画版のストーリーはドラマとはまるで異なっている。

野呂と南条は親友同士。積極的な性格で何をやっても秀でる南条に対して野呂はどん臭く消極的で見た目もあまり良くない。常に野呂は南条と自分を比較して劣等感に苛まれていた。そんな二人の前に現れた京子に二人は共に恋をするが、臆病な野呂は京子に自分の気持ちを打ち明ける事が出来ない。挙句の果てに親友の恋を応援する始末。そんな矢先、南条が命を落としてしまう。

劣等感の塊である野呂の視点でドラマは進んでいく。ドラマでは野呂の気持ちがナレーションとして流されるのだが、物事に対して常に悲観的に考える思考に閉口した覚えがある。自分に自信が無いから何も出来なくなる。臆病になる。どんなに明るい場面でも、その裏では負の螺旋に迷い込んだような野呂の心情や葛藤が働いていて、ナレーションが流れる度に一気に重苦しい場面に様変わりしてしまう。そんな野呂を野呂のイメージからは程遠い柳沢慎吾が演じているから面白い。

道が開けたと思えばそこには小さな石があって転んでしまう。このドラマに登場する三名は何れも幸せを掴んだとは言い難い。特に南条が亡くなってからの内容は、野呂と京子の微妙な心のすれ違いが最悪な結末を招いてしまう。何とも皮肉な展開である。しかしその皮肉さこそがこのドラマの魅力であり、目を見張るようなドラマチックなストーリーでは無いものの心理描写の豊かさによってドラマを感慨深いものへと変化させている。気が付けば思わず見入ってしまう何とも不思議な魅力を持つドラマである。

満足度は★★★★★
にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
こんにちは。
ログピからきました。
私もドラマ好きなので、興味深く拝見しました。
さらば夏の光よ、は、
トレンディ女優だった秋吉久美子と、とても可愛かった頃の郷ひろみの主演第一作目もあります。
機会があったら、見てみてください。
>甘党撫子様

初めまして!コメントありがとうございます。

実は郷ひろみ主演の映画も以前テレビで放送された事があり、その時に見ました。おそらく郷ひろみがアイドル時代の作品だと思うのですが、友人の身代わりで逮捕された際に坊主頭(?)にしてしまった事に随分驚かされた記憶があります。

映画の方はノロと南条の役回りが逆になっていたような気がします。ラストは自立した京子の生き方が印象的でした。
  • 梔子
  • 2010/10/16 1:45 AM
ドラマこどものころ見てました。昼下がり、たしか2時ぐらいからだったような気がするのですが・・・。
最近の昼ドラより、みごたえのあるドラマだったようなきがします。たぶん夏にオンエアーしてたのかな?

筋が違うらしいと(ドラマと映画)
いま読んで、原作に忠実なのはどっち?と思ったら
ドラマのほうがやっぱり原作ベースなんですね。

大人になってから、深夜のTV放送で
映画版も観ました。(とても悲しい話;;)
ドラマのほうは、ほとんど筋をおぼえてないんですが、なんだか、ジリジリするようすれ違いと、夏の陽光が恋愛のむなさしさを象徴していて印象に残ってます。(ちょっと小学生が観るにはおとなの世界ですね)でも、野呂さんの役が、柳沢さんだったとは・・・。コメントに書いてくださったかたありがとう・・・。そうだったんだ〜〜。

映画版のの野呂さんも眼鏡をかけたまじめそうな人で、かなしい結末とともに忘れられません。

映画、ドラマともに印象に残る物語です。
  • まき
  • 2012/07/22 10:52 AM
そうそう、書き忘れちゃったけど、
南条役が、五代高之さんだったんです。
これはおぼえてたんですよ。たぶん、五代さんのファンになったのは、このドラマのせいだと思います。
  • まき
  • 2012/07/22 10:53 AM
またまた、すみません。
ヒロインは岡田奈々さんだったダ~
そうだったそうだった・・・(しばし感慨にふけってます。)このブログに大感謝☆!
  • まき
  • 2012/07/22 10:55 AM
>まき様

初めまして!
たくさんのコメントありがとうございます。

原作は遠藤周作氏なのでご指摘の通り小学生には深い男女の心理は難解だったと思われます。ただテレビドラマ版では柳沢さんのナレーションがノロの心の闇を比喩で逐一説明していたので、ぼんやりとした輪郭が子供心にも残りやすかったのではないかと思いました。

また目に留まる記事があれば、遊びに来ていただけると幸いです。
  • 梔子
  • 2012/07/22 12:28 PM
追記

このドラマは午後1時45分からの15分番組でした。まき様の午後2時頃という記憶は正確です。

またもう一つ印象的なことがありまして、番組の後に流れるCMが決まって遠藤氏が出演されているネスカフェ・ゴールドのCMでした。白いセーターの男性二人が登場するのですが、まさか原作者自らとは思わず、後で知って驚きました。(笑)
  • 梔子
  • 2012/07/22 12:44 PM
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM