魅せられた美女

  • 2011.06.04 Saturday
  • 04:30
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
【出演】 天知茂、岡田奈々、奈美悦子 他
【放送】 1980年(テレ朝)

天知茂扮する明智小五郎が難事件に挑む土曜ワイド劇場の人気シリーズ。原作は江戸川乱歩著の『十字路』。この作品には明智小五郎が登場せず、別の探偵が活躍する内容となっているが、ドラマ化するに辺り明智小五郎が活躍するストーリーに改変されており、天知茂はこの作品で一人二役をこなしている。

アイドル歌手の晴美は事務所の伊勢社長との不倫疑惑が取り沙汰されていた。実際には事実無根だが、その噂を信じた伊勢の妻・友子が嫉妬から晴美を殺そうと刃物を持って襲い掛かった。ところが友子自身が刺殺されてしまい、晴美とその場に居合わせた伊勢は友子を自殺に見せかけようと企てる。ところが翌日、晴美の兄がスナックで喧嘩し、停車中の車の中で絶命してしまう。その車は偶然にも友子の遺体を運ぶ途中の伊勢社長の車だった。

他の明智小五郎シリーズとは大きく異なっているのは最初から犯人が判っているという点。犯人がどのように事件を隠ぺいするのかが全て表に見えている形でストーリーに組み込まれている。観客を舞台裏から見せているようなものである。本来なら明智と共に舞台裏の真相に近付いていく立場にあるはずの視聴者が、神目線で全てを掌握した状況で犯人と明智の対決を楽しむドラマになっている。

原作では二つの遺体の間に何の関わり合いもない。二つの恋愛が招いた悲劇が奇妙な偶然から交じり合ってしまう所に発想の面白さがある。但しドラマでは遺体は全くの無関係ではなく(遺体同士に直接の関係はない)、互いに犯人の関係者という部分で繋がっている。無関係の事象が交差する偶然という原作の最も魅力的な部分を削ってわざわざ関連性を持たせている部分が残念でならない。もっとも小説と異なり放送時間の縛りがあるため、関連性を持たせて説明の手間を省いたと考えればやむを得ない処置だったとも言える。確かにドラマは原作より簡潔にまとめられている。

満足度は★★★★
にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM