仮面舞踏会

  • 2011.08.29 Monday
  • 20:08
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
【出演】 古谷一行、草笛光子、三ツ木清隆 他
【放送】 1978年(TBS)

ベテラン女優と関わった男達が次々命を落とす連続殺人事件の謎に金田一耕助が挑むミステリー。原作は横溝正史著の『仮面舞踏会』。このドラマは古谷一行主演の横溝正史シリーズ2の第三作目として放送された。

金田一耕助の元に元華族の映画俳優・笛小路泰久が軽井沢のプールで遺体となって発見されたと連絡が入る。早速軽井沢へとやって来た金田一は、被害者の元妻の鳳千代子も当時軽井沢にいたと知る。鳳千代子は過去に4回の離婚歴を持つ大女優。現在は実業家の飛鳥と付き合っている千代子は軽井沢にある彼の別荘へと来ていたのである。笛小路の死を皮切りに、千代子と関係のあった男達が次々命を落としていく。

このドラマを見ていてるとどうしても事件の核心をつく散らばったマッチ棒や、ゴルフ場の場面が思い浮かぶが、それ以前にドラマの背景の豪華さに惹かれる作品でもある。今となってはあまりピンと来ないが、昭和三十年代に軽井沢に別荘を持てる人間と言えば金持ちの象徴とも言える。つまりここに居合わせることが出来たのは、富裕層の人間でとても庶民の覗ける世界ではないのである。改めて考えてみると、非常に贅沢な設定のドラマであるのに気付かされる。

さてゴルフ場の場面だが、これは事件の謎を解く重要な鍵となる場面である。当然金田一もゴルフに参加する。ところが金田一はお馴染みの金田一スタイルでプレイしてしまうのである。まさかの袴姿に唖然。とてもゴルフを嗜んだことがあるとは思えぬ素人プレイについ笑いが・・・。しかしそれはあくまでフェイク。楽しみながらも最後には忘れずに事件を解決してしまう所が名探偵たる所以である。

このドラマは後に小野寺昭主演でドラマ化されている。しかし時代背景は大きく異なっているため、原作を忠実に実写化しているのはこちらのドラマの方である。ストーリーだけでなく昭和の時代特有の雰囲気を持った映像は横溝正史の作品の世界にぴったりはまっているのが最高に良い。

満足度は★★★★★
にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
おもいっきり少年隊 て感じですな!?σ(^_^;)? (^∀^)、、、、、てかコレ〜(^o^;)殿下と松原千明?版のは見た事ありました(^o^;)、、、、、、、、σ(^_^;)?
  • でんちゃん
  • 2012/07/31 11:48 AM
>でんちゃん様へ

コメントありがとうございます。

小野寺さんが金田一役を務めたのは確か4作程あったと思います。確かにその中に『仮面舞踏会』がありました。でもそちらは現代設定になっていたため、TBSで放送されていたドラマの方が趣深いものがあります。
  • 梔子
  • 2012/07/31 12:07 PM
小野寺版のほうにも書きましたが、「仮面舞踏会」は原作の設定が昭和35年で小野寺版の設定が昭和39年です。古谷版は明示されていませんが登場人物の年齢から原作と同じとみてよさそうです。
  • 松吉
  • 2019/06/29 9:37 AM
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM