翔んだパープリン

  • 2011.11.15 Tuesday
  • 08:17
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
【出演】 服部まこ、柳沢慎吾、所ジョージ 他
【放送】 1981年(フジ)

『翔んだカップル』から始まった『翔んだ』シリーズの最終作。それまでの学園主体のドラマという設定は残したものの、主役は女性教師。但しコミカルな路線は決して外さず、出演者も『翔んだ』シリーズお馴染みの面々が顔を揃えている。またドラマ内では『翔んだカップル』で主演を務めた二人(芦川誠、桂木文)も夫婦役でちらっと顔を出している。

バイクに跨り全身黒のバイクスーツでばっちり決めた謎の人物が高校に颯爽と現れる。生徒達が注目する中、ヘルメットから現れたのは腰まである長い髪に美しい顔。おまけにスタイル抜群の彼女は新任教師の小野妹子。アメリカ帰りの美女の到来に学園は生徒と教師を問わず騒然となる。

教師が主役とはいえ、ドラマの性質はあまり変わっていない。小野先生を巡って男子生徒と男性教師達は争奪戦を繰り広げ、毎度騒動が起きていくという展開。前作のように途中からシリアス路線に切り替えるということもなく、最後までコミカルな路線を保っている。

しかし主演の服部まこだけはコミカルな場面には一切かかわることはなく、専らそれまでの『翔んだ』シリーズを盛り上げてきた面々が担当している。主軸となるストーリーとは全く無縁な所でコミカルな場面を差し入れるという構成のため、別にそんな場面を入れなくても良いのでは?と首を傾げる場面も多かった。またそうした構成故に小野先生は常にお姫様扱いで、真面目に演技をしてはいるものの何となく他の出演者と温度差を感じる結果となってしまった。

実はこのドラマで印象的な場面は最初に小野先生が登場する場面しかない。登場の場面は美女到来を前面に押し出しているのだが、それ以降はさほど印象に残る場面はないままに進んでいく。何となく『翔んだ』シリーズもこれで終わりだと予感させる内容に収まってしまったのが悲しい。

このドラマのラストでは小野先生は学園を去っていく内容になっている。現実にドラマ終了後服部まこは芸能活動を休止しており、その後アメリカへと渡っている。

満足度は★★★
にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
この番組は、オープニングがトラウマに近いインパクトのある構成で、自由の女神の格好をした半裸(胸から下が出て来ない為、断言出来ません)の女性がせり出し、何と黄金像に変化(変身?)するもので、子供心に何だかなと思いました。
本作品が致命的だったのは、ヒロインの小野先生がコメディパートに関わらなかった事で、浮いた存在になってしまった感もあり、シリーズ終結の引き金となってしまいました。
  • 無限堂
  • 2014/08/18 10:37 PM
>無限堂様

コメントありがとうございます。

成程、このドラマのオープニングにトラウマ的な印象を残されていたのですか。

前作まではしっかりとしたストーリーを軸にコメディパートを織り交ぜた形になっていて好きだったのですが、このドラマだけは何となくちぐはぐした感じが否めません。

仰る通り、ヒロインのはずなのに小野先生は浮いていましたね。
  • 梔子
  • 2014/08/19 9:03 AM
そうなんですよ。いくらイラストとは言え、半裸の女の人が黄金像になれば、気味が悪いです。
次いでに翔んだシリーズは、翔んだカップルのみが漫画原作からのドラマ化で、翔んだライバルと翔んだパープリンは完全オリジナル作品だったんですね。
翔んだライバルは、主人公のヒロイン・りんごちゃんのお姉さん・かがりが最後に事故死して驚きました。
1982年春には東宝製作・日本テレビ系で、あだち充原作の陽あたり良好!もドラマ化されましたが、翔んだシリーズと共に、古いスタイルの青春ドラマが終焉を迎えつつある時代の流れを実感し、80年代以降のテレビドラマは1クール放送に移行しましたが、今では1クール処か、10回もマトモに放送しない作品も増え、嘆かわしい限りです。
  • 無限堂
  • 2014/08/20 12:47 AM
>無限堂様

翔んだシリーズの中でも翔んだライバルは良い意味でも悪い意味でも何かと視聴者の期待を裏切る非常に興味深いドラマでした。
そのせいか翔んだシリーズの中では最も記憶に残っています。特にご指摘のラストの下りはそれまでの展開を大きく裏切り、思わずテレビの前で絶句したのを居間でも覚えています。

今は見る側の意識も大分昔とは変わってきました。何でも高速化し、手軽に情報を入手できる生活に慣れてしまって、じっくりと長々楽しむという事があまり好まれなくなっているように感じます。
1クール制はそうした背景も影響しているのかも知れませんね。
  • 梔子
  • 2014/08/20 10:01 PM
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM