誰にも言えない

  • 2011.12.07 Wednesday
  • 01:24
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
【出演】 賀来千香子、佐野史郎、山咲千里 他
【放送】 1993年(TBS)

『ずっとあなたが好きだった』から1年。あの話題作を再びとばかりに制作された同一スタッフによる第二弾。今度はかつて恋人同士だった二人が互いに異なる伴侶を得て隣人同士になったことから始まる狂気のラブストーリー。前作から引き続きヒロインを賀来千香子が演じ、前作では異常な親子愛を見せた佐野史郎と野際陽子は義理の母と息子という関係になっている。賀来千香子が逃げ惑うサスペンスタッチのオープニングが話題となった。

専業主婦の加奈子は夫の伸吾と平凡ながら幸せな家庭を築いていた。唯一の悩みは子供が出来ないこと。実は加奈子は結婚前に恋人に捨てられ中絶した経験があり、そのせいで子供ができにくい体になっていた。ある日、マンションの隣の部屋に山田夫妻が引っ越してくる。夫妻と顔を合わせた加奈子は愕然とする。山田家の夫・麻利夫は出世欲に駆られて加奈子を捨てたかつての恋人だったのである。しかしそのことを伸吾は何も知らなかった。

前作の雰囲気を保ちつつ危険な愛情表現が満載のドラマだが、表向きは前作と全く異なる独立したストーリーのように見える。しかし隠された真相が明らかになるとようやく関連性が見えてくる。ドラマを見ている内に何となく想像がつく人がいるかも知れない。とは言え、全く前作とは異なるストーリーであるのは間違いない。

さて今回は麻利夫の加奈子に対する執着心は一緒であるものの、同時に麻利夫に対する妻・美雪の執着心も凄まじい。婿養子である麻利夫が強く出られないのを良いことに、加奈子へ執着する夫に加えるおしおきは次第にエスカレートし、SMの世界へと突入していく。

また別の意味で狂気の世界に踏み込んでいるのが美雪の母。前作では息子を溺愛する母を演じた野際陽子が、今回は占いに全てを任せる怖い義母へと転身している。

二組の夫婦の行く末がどうなるかがこのドラマの見所。かつての恋人の魔の手を逃れて果たして加奈子は夫を愛し続けることが出来るのだろうか?

満足度は★★★★★
松任谷由実,松任谷正隆
EMIミュージック・ジャパン
(1998-11-06)

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM