SP 警視庁警護課

  • 2012.03.03 Saturday
  • 00:22
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
【出演】 渡瀬恒彦、高畑淳子、佐野史郎 他
【放送】 2011年(テレ朝)

定年間際の元SPが女性代議士のSPとして復活!老SPが任務を遂行しながら、過去の未解決事件解明に迫るヒューマンドラマ。

品川でモデルの殺害事件が起こった。被害者は部屋の中で顔に新しい白いハンカチをかけた状態で発見された。かつて竹内はストーカー被害に遭った女性が男と揉めている場面を目撃したものの、石鍋元総理大臣の警護中のため助けなかった。翌日、女性は下半身を剥き出しにされ、顔に白いハンカチをかけた遺体となって発見された。傍に娘も倒れていた。そのせいで竹内は注意力散漫となり、石鍋元総理大臣の襲撃を阻止できなかった。彼をSPから外したのは石鍋元総理大臣の娘・キリ子。あれから十五年、次の誕生日で定年となる竹内をキリ子がSPとして指名してきた。

老体に鞭打って・・・という言葉は失礼だが、まさにそんな感じが否めない渡瀬恒彦のSP姿。これまで刑事ドラマやサスペンスに出演しているものの、流石にSPともなればアクションは付きもの。同僚が「おいくつですか?」と尋ねたくなるのも判る気がする。

それに対して素晴らしい存在感を示しているのが、今回警備される側の石鍋キリ子。力強く饒舌な言葉運びと良い、我儘放題の威厳ある姿と良い、SPを『壁』と言い切る傍若無人な態度。元首相の娘で現職の代議士であるキリ子役を高畑淳子が熱演している。

そもそもSPとは影のように要人を警護する役目。SPのドラマと言えど、SPが目立ってはならない。しかし要人がこれだけ存在感があるとその影ぶりが引き立つというものである。その意味では非常にバランスの取れたドラマに仕上がっている。

しかしどんな人間でも隠された真の顔が存在する。ドラマでは人間の明と暗を照らし出し、それを上手くストーリーに取り入れている。殺人犯は一体誰なのか?そしてその結果がもたらしたものとは?

最後にSPの任務を解かれた竹内が元の刑事に戻って犯人を追う場面が登場するが、幾らなんでも元気が良過ぎではないだろうか?SPの時より激しいアクションにビックリである。

満足度は★★★★★
にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM