禁断の実の美女

  • 2010.03.10 Wednesday
  • 00:05
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
【出演】 天知茂、萬田久子、レオナルド熊 他
【放送】 1984年(テレ朝)

土曜ワイド劇場の人気シリーズである天知茂の明智小五郎シリーズの一作。原作は江戸川乱歩著の『人間椅子』。この小説は数ある江戸川乱歩作品の中でも秀逸の短編小説。原作には明智小五郎は登場せず、本編の大部分が主役女流作家の熱狂的なファンからの手紙という一風変わった構成になっている。

女に相手にされない醜男の唯一の楽しみは椅子に残った恋焦がれる女の温もりを味わうこと。有名な女流作家に男が相手にされるはずもなく、男の欲望は深まる一方。やがて男はとんでもない妙案を思いつく。それは自分がすっぽり入る椅子を作り上げ、その中に潜んで女の体を味わいながら一緒に暮らすことだった。

江戸川乱歩の世界と言うのはアブノーマルな嗜好へと走る傾向がある。この作品もその一つ。女の体に直接触れるのではなく、椅子という媒体を通して体の感触を密かに楽しむ事に喜びを覚える男の姿は正しくフェチシズムの世界。大概の女性からしてみれば本能的に目を背けたくなるような嫌悪感漂う変態であるのだが、こうした人間の心情に切り込むことこそが江戸川乱歩作品の真骨頂であるとも言える。

原作は非常に短く女流作家が手紙を読むだけの内容となっているのだが、勿論それだけでは明智小五郎が登場する隙もないので、ドラマでは原作を元に脚色したオリジナルストーリーとなっている。

変態男を演じているのは芸人のレオナルド熊。異色の起用ではあったが、幸か不幸か役柄とはぴったり合っていて、情けなくも自分の嗜好にまっしぐらの気色悪い男を見事に演じている。美女役の萬田久子とは対照的な容姿をしているだけに、その対比が凄まじい。

そうは言ってもこのドラマはあくまで明智小五郎がメインなのだが、変態男の印象が強過ぎて今回に限っては天下の明智も霞んでしまう。

満足度は★★★★
江戸川 乱歩
春陽堂書店
¥ 470
(1987-06)
Amazonおすすめ度:

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM